【ゴーン・ショック】

11月23日(金)

皆様こんにちは

3連休京都はひとひとひと・・

今日の記事

長期政権がもたらした結果

外国人社長のやりそうなことだ。

GM.フォード、クライスラー、ダイムラー社長は20億以上。

そう思うと安いと思ったのだろうか?

ゴーンを“追放”した西川社長の誤算 日産立件で総退陣浮上

公開日:
詰め腹を切らされるか(西川社長)/(C)日刊ゲンダイ
詰め腹を切らされるか(西川社長)/

拡大する

「ゴーン・ショック」は当分、収束しそうにない。日産自動車のカルロス・ゴーン容疑者が逮捕された19日の会見で、「執行部体制に影響はない」と断言した西川広人社長。今後、第三者委員会を立ち上げ、日産の新体制を発足させると口にしていたが、新たな問題が浮上。東京地検特捜部が法人としての日産を立件するというのだ。

ゴーンの“隠された取り分”か…役員報酬総額の不可解な変化

1億円以上の役員報酬開示制度がスタートした時期から…(C)日刊ゲンダイ
1億円以上の役員報酬開示制度がスタートした時期から…

 有価証券報告書(有報)には、取締役全員に支払った役員報酬総額が記載されている。

「ゴーン容疑者の報酬額を見ただけでは分かりませんが、役員報酬総額に目を向けると、不可解な部分も浮かび上がってきます。ある時期に総額がガタッと下がっているのです。つまり、下がった分はゴーン容疑者の“隠された取り分”に回ったという疑いです」(金融関係者)

実際、09年度に役員報酬総額はガタ減りしている。前年度より9億円近く減少し、16億8900万円となった(別表参照)。実はこの年から、1億円以上の役員報酬の開示制度がスタートしている。

09年度はリーマン・ショックの翌年だけに、報酬額が減るのは当然ともいえそうだが、トヨタ自動車は15億8900万円から14億2600万円(マイナス10.3%)、ホンダは7億2400万円から6億7700万円(マイナス6.5%)に過ぎない。日産はマイナス34.6%だ。

「会社の業績(最終利益)が順調に伸びているのに、役員報酬総額は10年前の方が多いというのも不思議」(株式評論家の倉多慎之助氏)という声もある。

ゴーンは、金融商品取引法違反(有価証券報告書への虚偽記載)容疑でパクられた。当初、「司法取引」が行われ、日産本体は「お咎めなし」とみられたが、特捜部は、虚偽記載が長年にわたって行われてきた背景として、法人の責任を重視。法人も罰する「両罰規定」を適用する方針だ。元特捜部検事の若狭勝弁護士がこう言う。

「金融商品取引法の両罰規定によって、法人は7億円以下の罰金が科されます。社員が不正を犯した場合、法人も処罰されるのは自然なことなので、別に驚く話ではありません。ただ、日産側は、特捜部の捜査に協力してきたため、罰金額はある程度、減額されると考えられます」

日産本体が立件されれば、当然、現執行部も無傷では済まない。ゴーンの“独裁”を許してきた西川社長の進退が問われるのは間違いない。

西川社長は会見で、「1人に権限が集中しすぎた」「長年における(ゴーンの)統治の負の側面と言わざるを得ない」などと、全責任をゴーンにおっかぶせるような発言を連発。社長としての責任については「私がどういう立ち位置で何ができたか考えないといけない」とお茶を濁した。

「西川社長は、会見でゴーン氏の逮捕について『クーデターではない』と言っていましたが、果たしてどうでしょうか。特捜部は社内の状況や資金について、西川社長から任意で聴取していたといいます。西川社長は、法人として捜査に全面的に協力していた。恐らく本人は、独裁者のゴーンを追放し、自分たちは『司法取引』によって『お咎めなし』になると計算していたはず。それが、法人も立件となりそうで、慌てているはずです」(経済担当記者)

ルノー本社があるフランスでは、西川社長らによる“クーデター説”がもっぱらだ。実際、仏ルモンド紙(電子版)は、<ルノー経営陣から日本側の「クーデター」だという声が出ている>と解説。地元経済紙「レゼコー」は、西川社長が<目をかけてくれたゴーン氏を公共の場で引きずり降ろした>として、古代ローマのカエサルを殺害した「ブルータス」になぞらえて報じた。

西川社長からすれば、法人が立件されるのは大誤算だろう。

「証券取引等監視委員会は数年前から、ゴーン氏の不正な投資について、日産側に是正するよう伝えていた。日産はゴーン氏に何度も是正を促したが突っぱねられたといいます。いずれにしろ、日産が不正の事実を前々から知っていたということには変わりありません。ある意味、長年にわたってゴーン氏の不正を“見過ごし”てきたことになるわけです。それに加え、法人も立件されるとなると、西川社長ら現執行部は責任を取らざるを得なくなるでしょう」(経済ジャーナリストの松崎隆司氏)

日産は、ゴーンらを取締役から外すため、来年6月の株主総会を前倒しし、臨時招集することを検討しているという。今度は、西川社長が“カエサル”になるかもしれない。

本日の逸品

三重県産 生牡蠣

IMG_0535

播州産 生牡蠣は12月5日入荷予定です。