【同じ関西でも・・】

12月16日(日)

皆様こんにちは

今年も残り半月

今日の記事

西は阪神で勝てるかな?

数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

公開日:  更新日:
いつまで笑顔でいられるか…(C)共同通信社
いつまで笑顔でいられるか…(C)共同通信社

拡大する

「ファンと一体になって、甲子園を熱くできたら」

14日に行われた阪神・西勇輝(28)の入団会見。オリックスからFA宣言した右腕は目立ちたがり屋の性格だそうで、ファンの熱い応援に後押しされることを望んでいる。

阪神ファンは世界一熱狂的ともいわれる。活躍すれば「神様扱い」される一方、不振が続いたら「どのツラ下げて出てくんねん! 帰れ!」などとヤジが飛び、客席からメガホンやペットボトルなどを投げつけられることもある。

ロッテからのトレードで阪神でプレーした投手の久保康友はDeNAへFA移籍した直後に、阪神の熱狂的なファンやマスコミについて、こんなことを話していた。

「だからといって、結果を残せないのは言い訳になる。ヤジや文句があるというのは最初からわかっている。それでキツイと言っていたらずっとキツイ。文句じゃなく、自分が伸びるためのアドバイスと思っていればいいんです。阪神でヤジられずに応援される選手は、レギュラーとしてまだまだ認められていないということ。ヤジられる選手は数字を残して当たり前とファンが思っている」

 

12月16日(日)

皆様こんにちは

年末で慌ただしいです。

今年も残り半月

今日の記事

西は阪神で勝てるかな?

同じ関西でも阪神とオリックスでは雲泥の差だ。

昔の東京ドームを拠点としていた巨人と日ハムと同じ

数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

公開日:  更新日:
いつまで笑顔でいられるか…(C)共同通信社
いつまで笑顔でいられるか…(C)共同通信社

拡大する

「ファンと一体になって、甲子園を熱くできたら」

14日に行われた阪神・西勇輝(28)の入団会見。オリックスからFA宣言した右腕は目立ちたがり屋の性格だそうで、ファンの熱い応援に後押しされることを望んでいる。

阪神ファンは世界一熱狂的ともいわれる。活躍すれば「神様扱い」される一方、不振が続いたら「どのツラ下げて出てくんねん! 帰れ!」などとヤジが飛び、客席からメガホンやペットボトルなどを投げつけられることもある。

ロッテからのトレードで阪神でプレーした投手の久保康友はDeNAへFA移籍した直後に、阪神の熱狂的なファンやマスコミについて、こんなことを話していた。

「だからといって、結果を残せないのは言い訳になる。ヤジや文句があるというのは最初からわかっている。それでキツイと言っていたらずっとキツイ。文句じゃなく、自分が伸びるためのアドバイスと思っていればいいんです。阪神でヤジられずに応援される選手は、レギュラーとしてまだまだ認められていないということ。ヤジられる選手は数字を残して当たり前とファンが思っている」

さる阪神OBは、「阪神の生え抜きで、絶対的な守護神だった藤川球児でさえ、胃薬を飲みながら投げていた。鳥谷敬なんて、余計な雑音を耳に入れないために、ニュース記事はほとんど読みません」と明かす。

新井貴浩や城島健司ら大型契約で入団した「外様選手」に対しては、さらに風当たりが強くなる。4年16億円ともいわれる大型契約で阪神入りする西も、ちょっとでも勝てなくなれば、球場はおろか、街中で出くわしても、強烈なヤジを浴びせられるだろう。

「阪神とオリックスでは雲泥の差がある」

とは、さるオリックスOB。

「新井は阪神時代、不振が続いて自分の子供まで学校の友達から“口撃”を受けたと聞いた。元阪神監督の岡田彰布がオリックス監督になったとき、遠征前に駅で担当記者と雑談。『(ファンが)ようさん、来とるやろ』と大勢に囲まれると思ったが、駅にはしかし、ファンらしき人はほとんどおらず、記者も返す言葉を失ったそうだ。阪神では移動便まで把握して追っかけてくるファンがワンサカいるけど、オリックスの選手は、大阪や神戸で飲み歩いても少々のことで騒がれることはない。阪神の選手は街を歩こうものなら、すれ違いざまに『頑張ってや』と肩を叩かれる。選手はキタやミナミではなかなか飲み歩けない。私生活もマスコミや一般人からウの目タカの目で見られるわけですから」

西は相当な覚悟をしておいた方がいい。

本日の逸品
スマガツオ(ヤイトガツオ)
IMG_3589
鮮度抜群です!
201307071742106c7
全身トロでも上品でうまい!