【年内最終営業】

 

12月30日(日)

皆さんこんにちは

年内最終営業でございます。

今日の記事

向かいにセブンイレブンとか普通にあるな。

客の“食い合い”は…なぜ同系列コンビニが近くに出店するの

公開日:  更新日:
写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

写真はイメージ(C)

 都心を歩いていると、交差点の四つ角が全部コンビニという光景もある。近距離に同じ系列の店が2、3軒集まっていることもある。そんなに集中させると、“客の食い合い”が起きないか心配だが、それにしてもコンビニはなぜ近くに店舗を集めるのか。

コンビニ研究家の田矢信二氏が言う。

「東京で多く見られる現象です。それだけお客さんが多いという証拠。店舗数にも如実に表れていて、大手3社の店舗数は東京だけで合計約7000店もあるのに、第2位の大阪は約3800店。圧倒的な差です」

複数店舗が固まっているのは、より多くの売り上げが見込めるオイシイ場所だから、というわけだ。ならば1カ所に大きな店をドーンと造った方が効率的ではないか。

「そういうわけにはいきません。東京のお客さんは、時間に追われる日々で、わざわざ信号を渡ってまでコンビニに行こうとは思いません。歩いていればいつか通りすがりに見つかると分かっていますから。なので、売り上げが見込める交差点などでは、道の両端など動線ごとに出店するのが鉄則なのです」

稚魚も逃さず一網打尽に! そんな戦略のようだ。

でも、フランチャイズで異なるオーナーだと、足の引っ張り合いが起きそうだが、「さすがに本部もそこまではしません。同じオーナーさんに任せるケースがほとんどだと思います」。

出店場所以外にもいくつかセオリーがある。例えば店内は、入って外側をぐるり一周すると、必要な物が見つかる配置になっているという。その最たる例が雑誌・ドリンク・弁当。コンビニ商品の“三種の神器”だ。

高さ155センチに売れ筋商品が並ぶ。そこは「ゴールデンゾーン」と呼ばれ、女性の平均身長155センチに位置する。もうひとつは「Zの法則」で、人間の目線は棚の上段の左から右へ。そこから斜め左下に下りて再び右にという“Z”の形で流れやすいことにちなんだ陳列テクニックだ。

どんな人気商品でも5つ以上並べないのは、それより多く並べても売れないというデータがあるからとか。

コンビニは売るためのアイデアが詰まった玉手箱なのだ。

今年も大変お世話になりました。

来年も宜しくお願い申し上げます。

皆様もよいお年をお迎えください。

逸 徹 店主