【巨人の足し算、引き算】

1月14日(月) 成人式

皆さんこんにちは

今日の記事

巨人ファンは残念なことだろう。

内海と同じで何らかの確約条件付きのトレードだろう。

広島で奮起するんじゃないかな

巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

公開日:  更新日:
チョー気配り男(C)日刊ゲンダイ
チョー気配り男(C)

拡大する

 あっさりしたものだった。

前日7日に発表された長野久義(34)の広島移籍。巨人がFAで獲得した丸佳浩(29)の人的補償によって看板選手が流出する事態に球団フロント幹部は動揺を隠せなかったが、この人だけは別だった。

8日、千葉・勝浦市の国際武道大学で恒例の特別講義を行った原辰徳監督(60)はこう言ったのだ。

「彼ら(内海と長野)2人を守ることはできなかったが、相手球団はしっかりと評価して取った。ルール上、仕方がない。勝負の世界は足し算ばかりではない。足し算で丸、炭谷。引き算は内海、長野になった。長野は広島カープで頑張りますよ」と淡々。人的補償の28人のプロテクトリストは編成面の全権を握る指揮官が最終的にゴーサインを出した。結果的にそれが生え抜きの功労者を相次いで失う事態を引き起こしたが、2人の流出を「引き算」との言葉で片づけた。

指揮官にとってはただの“駒”だったかもしれない。が、球界からは長野を激励する声が相次いだ。米大リーグ、カブスのダルビッシュが自身のツイッターで「巨人の選手に聞いても長野さんはクソほど評判がいい」と発信すれば、直接関わりがない堀内恒夫氏や中畑清氏といったOBも、相次いで流出を惜しんだ。

■仲間に配慮で異例のお願い

「異常なまでの気配り、目配り……。本当に彼を悪く言う人間はいません。単なる戦力の足し算、引き算では済まないと思う」と、巨人の某選手がこう明かす。

「引退する選手、巨人を退団する選手の送別会を仕切るのは、いつもチョー(長野)さんです。誰彼かまわず声をかけるわけではなくて、主役との人間関係を考え、参加者をピックアップする。送り出す選手に楽しんでもらうことを第一に、シークレットゲストまで手配したりするんですから。選手はもちろん、裏方さんも含めてみんなショックを受けています」

 寮生活を送っていた新人時代、遠征先から帰ってくるたびに、寮長やコック、清掃員にまで土産を買ってきたのはこの男だけ。ヒーローになった試合後、群がる報道陣に向けて手を合わせ、「(記事には)『長野に笑顔はなかった』でお願いします」と頭を下げたのは、打てなかったチームメートが嫌な気分にならないよう配慮したものだった。

他球団選手からの評判もすこぶるいいのは、日常的にこんなことをしているためだ。アマチュア時代の後輩にあたる球団の選手が言う。

「関東に遠征に行くと、夜に長野さんから電話がかかってくるんです。『ちゃんとメシ食った?今、銀座にいるから飲みに来なよ』って。凄いのは、ボクが他の球団との試合で関東に行っても連絡をくれること。巨人戦の後でもないのに。何でボクが関東にいるの知ってんの? って驚きましたから。あんなに後輩の面倒見がいい先輩をボクは知りません」

仲間との食事の席で座るのは必ず下座。先輩はもちろん、後輩と一緒でも「ほらほら奥に座って」と、上座を譲る。

料理が鍋の場合は、ひとりで作って全員に取り分ける。当然、後輩は恐縮するが、「いいからいいから」とひたすら作り続け、自身はひと口も食べないことも珍しくはない。

■流しの歌手にチップ3万円

「チョーさんが鍋奉行に徹するのは、他にも理由がある。極度の潔癖症なんです。誰かが自分の箸で鍋をつついてしまったらジ・エンド。その鍋は絶対に口にしない。そんな感じだから、お店の箸だって気になって仕方がない。『何かが染み込んでいる気がして』と、使うのは割り箸か金属製の箸と徹底しています」

とはある選手だが、そんな繊細な一面があるかと思えば、豪快なカネ払いは長野の代名詞である。

「オフの寒い日にチョーさんと飲んでいたら、店に流しの歌手が入ってきた。1曲1000円なのにチョーさんは『寒いのにご苦労さまです』とか言ってチップを3万円も渡していた。テリトリーの西麻布などに流れ、夜も更けてくると、チョーさんは必ず中座する。大人数で軽く100万円は超えているんじゃないかという店でも、すでに飲み代が支払われているのは当たり前。

後に参加者全員に店の人から封筒に入った1万円が手渡されて『これは何ですか?』と聞くと、『長野さんからタクシー代です』って言うんですから、夜の街にウン億円のカネを落としているという伝説も大げさじゃないと思う」(チーム関係者)

巨人内の喪失感は、原監督が考えている以上に大きい。

今日の記事

赤貝(あかかい)

IMG_0637 akagai_08

握りか刺身でどうぞ!