【口八丁手八丁】

1月20日(日)

皆さんこんにちは

一日中☂

今日の記事

なんちゅうガキどもや

ミナミの半グレ集団もそうだが、京都のガキどもお灸を据えたらなあかん

262人を風俗に沈めたイケメン有名私大生のえげつない手口

公開日:
夜の祇園界隈(C)日刊ゲンダイ
夜の祇園界隈(C)

拡大する

 その「やり口」は、あまりにも狡猾で悪辣だ。

京都の祇園や四条河原町で女子大生や専門学校生らをナンパし、延べ262人をソープランドなどの性風俗店に沈め、紹介料として約7300万円を得ていたとして、バー経営者で組織のトップ、岸井謙典(24)、ナンバー2で金庫番の上村洋平(25)、実行役で京都産業大生の江端光大(22)、当時19歳だった同志社大生(20)ら4容疑者が16日、職業安定法違反(有害業務紹介)の疑いで京都府警に逮捕された。

その手口はこうだ。

岸井容疑者はスカウトグループの代表で、同志社大や京産大など、京都市内の私立大や国立大計6大学の現役学生ら約20人のメンバーが、繁華街やJR京都駅前、大学のキャンパス周辺で女性に声をかけ、LINEなどで連絡先を交換。食事や買い物に行き、その気にさせる。

「実はバーの店員をしてるんだ。一度、ウチの店においでよ」

女性の耳元でこう囁き、岸井容疑者が経営する祇園の会員制バーに誘い、紹介する。

「こいつと付き合いたいんやったら、常連になってもらわなアカン」「店に通うのには金がかかる。ええところを紹介するから、そこで働いて欲しいんや」などと条件を突き付けられたという。

また別の女性は週1回のペースでバーに通い、貯金とバイト代を使い果たしたうえ、さらに80万円もの借金を背負わされ、「どないするんや」と返済を迫られ、風俗店に放り込まれた。女性たちが働かされた性風俗はデリバリーヘルス21店、ソープ9店、ファッションヘルス6店、性感マッサージ、ピンサロやちょんの間が各1店の計39店。

「被害女性のほとんどが大学生や専門学校生やった。高校時代は恋愛や遊びを我慢し、ようやく憧れの京都の学校に入学したような、地方出身者が多い。なかには処女を奪われた子もいた。事件が明らかになるまで、本気で彼氏だと思い込んどった子もようけおった。女性の方から愛想を尽かしたり、風俗で働くのが嫌になれば、いつでも抜けることもできたんやけど、そこは根が真面目なんやろうな。

男前で金があり、遊び慣れた彼氏ができて舞い上がり、会いたいがために尽くしたり、借金がある後ろめたさから働き続けとった。パンクして逃げた子もおったけど、追い込みはかけられてへん。そのあたりが実に巧妙で、風俗店も営業許可があるところばかりやった」(捜査事情通)

スカウトマンたちは組織に所属するリクルーターに勧誘されるため、「アイドル顔負け」の現役ブランド大学生のイケメン揃い。そんな百戦錬磨のナンパ師にとって、恋愛経験が乏しい無垢な女性を口説き落とすことなんてお手のもの。まんまとセックス漬けにし、メロメロにさせて金を巻き上げ、風俗嬢にさせる。店からは1人当たり15%のキックバックがあり、女性が辞めない限り、半永久的に金が入るシステムになっていた。

「ほとんどの女の子は、こいつらと出会わんかったら、風俗とは一生無縁の生活を送っていたはず。闇の世界に迷い込ませ、人生を台無しにした罪は重い。実家から送り出した親の気持ちを思うと、いたたまれない」(前出の捜査事情通)

クズとしか言いようがない。

本日の逸品

雲子(くもこ)ポン酢

IMG_3532

焼きでも、天ぷらでもどうぞ!