【故・勝谷氏似ている】

2月1日(金)

皆さんこんにちは

今日の記事

笑ってしまった

こないだ亡くなった勝谷まさひこ氏にそっくりだ(暴言も似ている)

7年も進んでない事もおかしいし・・部下も悪いが

今は常に録音されていると思わなければいけない時代だ!

「火つけてこい!」パワハラ明石市長に擁護論のナゼ? 

若狭勝弁護士「家売れは脅迫罪」「辞職すべきだ」 

道路拡幅工事に伴うビルの立ち退き交渉を巡って部下に「燃やしてしまえ」などと発言したことで謝罪した兵庫県明石市の泉房穂市長(55)。市には批判の声が殺到する一方、ネット上では「市長は悪くない」「市職員にも問題がある」といった擁護論も展開されている。

「立ち退きさせてこい、おまえらで。今日、火付けてこい。火付けて捕まってこいおまえ。燃やしてしまえ。燃やしてこい建物、今から。損害賠償、個人で負え。当たり前じゃ」

暴言があったのは2017年6月14日。国道2号拡幅に伴う用地買収が12年から始まったが、交差点付近の雑居ビルの立ち退きが進んでいないことについて、市長室で市幹部を厳しく叱責したという。泉市長は記者会見で「激高した状況だった」と説明。「これまでパワハラはなかったと認識しているが、過去には相当厳しい口調で部下を叱ったことがあった」とも述べた。

市によると、29日夕までに電話やメールなどで385件の意見が寄せられ、9割近くが「即刻辞任すべきだ」「謝罪しても許されない」などの苦情だった。

一方、拡幅工事の背景には死亡事故が相次いでいたといい、「市民の安全のためやないか」との泉氏の発言もあったと報じられた。このため、「市長の気持ちは分かる」「問題を放置した職員も悪い」といった声もネット上ではみられる。

専門家はどうみるのか。元東京地検特捜部副部長で元衆院議員の若狭勝弁護士は「『火付けてこい』という発言は、市長と職員の間で本気だととらえていないことが予想され、刑事責任には問えないだろう。ただ、家を売ってそのお金で立ち退き事業費に充てろという趣旨の発言は財産の損害を強いられている可能性があり、脅迫罪になりうる」とみる。

泉氏は東大からNHKディレクター、弁護士というエリートで、03年から05年まで旧民主党の衆院議員を経て、11年の統一地方選で市長に初当選。子育て支援策を打ち出していることでも知られている。

1年半前の音声が4月の市長選直前に出てきたことをいぶかる向きもある。泉氏は辞職を否定し、3選を目指して出馬する意向だが、前出の若狭氏は「市長としての資質はなく、辞職すべきだ。辞職した上で選挙に出るならまだしも、うやむやなまま出馬するべきではない」と指摘した。

本日の逸品

高知産 天然しまあじ

KIMG0965

あっさりした身です!