【キング詐欺師】

2月16日(土)

皆さんこんにちは

少し暖かい

今日の記事

【キング牧師」ならぬ「キング詐欺師」だ

おかしいと思うわないのかな?

洗脳されるとどこまでも信じてしまうのだろう

被害総額460憶円 “キング”ことカリスマ詐欺師の正体と手口

公開日: 更新日:
逮捕された銅子容疑者(C)共同通信社
逮捕された銅子容疑者(C)共同通信社

拡大する

 ある時は「歌手」、またある時は「宮司」、そして、またある時は「世界でビジネスを展開する実業家」――その正体は自らを「キング」と名乗る、ただの「詐欺師」だった。

実体もないのに「高配当」をうたって出資者からカネをダマし取ったとして、愛知、岡山両県警は13日、「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市)の会長、銅子正人容疑者(41=大阪市)ら男女10人を詐欺の疑いで逮捕した。

「1口100万円出資すると、毎月3%の配当が支払われる」

2013年に設立したテキシアは、こんなうたい文句で全国47都道府県1万2929人から資金を集め、被害総額は約460億円に上る。

逮捕者には岡山県警OBの三好輝尚(60)や、指定暴力団6代目山口組の弘道会系幹部の中村外喜治(66)両容疑者も含まれ、県警は暴力団に金が流れていたとみて調べている。

自らを「キング」と呼ばせ、カリスマ経営者兼広告塔として出資者をたぶらかしていたのが、まさに会長の銅子容疑者だった。

「被害者の中心は50代以上の女性です。銅子容疑者はCDまで発売し、全国各地でライブステージに立ち、温泉旅行、クルージングなどを主催し、出資者をもてなしていた。ハデな演出と話術で女性の心をわしづかみにし、高額出資者にはその場で配当を現金で手渡しして安心させ、出資者同士のライバル心や嫉妬心をあおる。そんなカリスマを中心に、イベントを通じて出資者同士の間に仲間意識のようなものが生まれ、参加するのを楽しみにしていた出資者も多くいた」(捜査事情通)

心理に巧みに付け込んで…

とはいえ、「実態」は新たな出資者を紹介すると配当額が増え、勧誘実績に応じて序列が上がる仕組みだった。

そこで銅子容疑者は全国で「日本を元気にする会」というセミナーを開き、出資金は天然資源開発や事業投資への運用、国際的な問題解決や震災からの復興、人助けにつながると説いた。

「銅子容疑者の話にほだされた出資者たちは、人の役に立つうえ、配当までもらえるならと、本人だけでなく友人、知人まで勧誘。銅子容疑者はそんな心理に巧みに付け込み、『配当は人を元気づけるために使って』と言って、時には高齢者に小遣いを渡すこともあった。そうやって出資者や追加出資を増やしていった」(前出の捜査事情通)

銅子容疑者は福井県大野市出身で、高校時代は愛知の中京高でサッカーの天皇杯、阪南大では大学選手権に出場し、Jリーグからもスカウトされたほど。アスリートの専属トレーナーを務めたこともある。

「シンガポールで会社を経営し、出資金は両方の国で運用すると言っていた。1000億円を超える個人資産があり、東南アジアだけで自宅を8軒所有しているそうです。ロシアのサハ共和国のダイヤモンド発掘事業に出資するとか、元閣僚経験者や元サッカー選手と親しい間柄であることをアピールしていた。国内外の戦没慰霊祭に参加し、自ら宮司になり、カリスマ性に磨きをかけていた」(出資者のひとり)

集めたカネは設立当初から配当に回され、またカネをかき集めるという自転車操業だった。それも17年9月には滞り、ようやく「カリスマ詐欺師」の正体がバレた。

本日の逸品

天然しまあじ 1.5サイズ

KIMG0763

上品な身です。