【イチロー凱旋】

3月19日(火)

皆さんこんにちは

今日の記事

やっぱ絵になるオトコだ

ただ、いまだノーヒット そろそろ打つだろうと思うけどメジャーはいつまでも使ってはもらえない

マリナーズは球団に残って若手の指導をしてもらいたいと思っているが、イチローは本気で50歳まで現役を続けるつもりだろう

指導者になるきはないだろう。

マイナー契約でアメリカで現役続けるか、日本に戻るか、戻るとしたらオリックスしかない。

巨人、阪神はまずない。

知らんけど

指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

公開日: 更新日:
18日の見せ場は二塁走者をクギ付けにしたレーザービーム(C)日刊ゲンダイ
18日の見せ場は二塁走者をクギ付けにしたレーザービーム(C)

拡大する

 イチロー(45)はパイオニアだ。

メジャーで日本人として初めて首位打者、盗塁王のタイトルを獲得。シーズン262安打、10年連続200安打はメジャー記録。44歳の昨シーズンまでにメジャー通算3089安打を放ち、50歳まで現役でいたいと話している。

日本のプロ野球選手は引退後、指導者を目指すのがお決まりのパターンだが、監督業やコーチ業に関しては「興味ない」と断言。要するに、人と同じことをする気がないのだ。

そんなイチローの将来に関して、いま、古巣であるオリックス周辺で壮大なプランが浮上している。ズバリ、オリックス球団のオーナー就任だ。

イチローとオリックスは、いまも深い関係にある。シーズンオフの自主トレはほとんど毎年のように、オリックスの準本拠地である「ほっともっとフィールド神戸」を使用。宮内オーナーとの会食も、オフの恒例行事になっているという。

平たく言えば球団経営に参画してもらおうというプランです」と、あるオリックス関係者がこう言った。

■神戸に強い愛着

「球団株の一部を保有して球団経営に携わってもらう。イチローはオリックス時代の95年に、阪神淡路大震災を経験。その年、仰木監督のもと“がんばろう神戸”を旗印にリーグ優勝、翌年日本一を達成したことは貴重な財産になったといいます。オリックスや神戸に強い愛着のあるイチローであれば、より魅力的なチームづくりをしてくれるだろうという思いが宮内オーナーの周辺にあると聞きました。もっとも、イチローをオーナーにする際には、本拠地を大阪から神戸に戻さなきゃならないかもしれませんけどね」

イチローは株式市場に興味を持っていた時期がある。あくまで小遣いの範囲で株を購入、オフに少しずつ動かしていたというのだ。愛読紙が日経だったのも、経済に興味があるからだろう。

17年3月の「プレジデント」(電子版)では宮内オーナーと対談。生まれ変わったら同じ人生を歩みたいかという話題になり、イチローが「絶対嫌です」と答えると、宮内オーナーから「じゃ、企業経営をやればいい。僕がプロ野球選手をやるから。二軍の補欠でいいから、試合に出たい(笑い)」と、あくまでも冗談ながら水を向けられている。

■実現ならプロ野球界初

メジャーリーグでは球団オーナーになった元選手が何人かいる。かつてヤンキースのスーパースターだったデレク・ジーター(44)は、17年オフからマーリンズのCEO(最高経営責任者)。メジャー通算324勝の殿堂入り右腕ノーラン・ライアン(72)も、3年間ほど古巣・レンジャーズのCEOを務めた。メジャーリーガーではないが元NBAのスター選手だったマジック・ジョンソン(59)は、12年にドジャースを買収した投資家グループに参加、共同オーナーになった。

 日本のプロ野球界ではソフトバンクの王貞治球団会長(78)や、日本ハムの球団社長を務めた三原脩らが球団幹部だが、経営そのものにタッチしたわけではない。オーナー職は親会社の幹部が務めるケースが圧倒的だ。仮に元選手のイチローがオリックスの球団オーナーに就任すれば、日本のプロ野球界ではもちろん初めて。人と同じことをするのが嫌で、先駆者になりたいイチローにとってはうってつけだ。

オリックスは昨年まで4年連続Bクラス。96年に日本一になって以来、リーグ優勝の経験すらない。昨年の観客動員数162万5365人は12球団ワーストだ。

勝てない上に、客も入らない。それでいて昨年5月に選手会が発表した平均年俸(外国人選手を除く)は3610万円で12球団中5位。この年にリーグ優勝した広島や西武を上回っている。費用対効果は明らかに悪い。

イチローにとって、腕のふるい甲斐のあるチームではある。

本日の逸品
旬のもん炭火焼き
IMG_2196
魚介、鶏、大黒シメジ 等・・