【大阪W選】

4月9日(火)

皆さんこんにちは

風が強いので桜が散りそうです。

今日の記事

維新苦戦するのでは無いかと思ったが

府知事は220万票で圧勝だった

大阪W選は維新「20時当確」自民府連“エゴむき出し”の自滅

公開日: 更新日:
このドヤ顔(当選した松井一郎氏と吉村洋文氏=右)/(C)日刊ゲンダイ

このドヤ顔(当選した松井一郎氏と吉村洋文氏=右)

拡大する

 大阪府知事・市長のダブル選はフタを開けてみれば、維新の圧勝だった。いずれの選挙とも、いわゆる「午後8時当確」を許したのは「反維新」陣営の自滅が原因だ。

選挙戦を通じて維新の吉村洋文、松井一郎両候補は反維新陣営に「野合」批判を繰り返したが、自民党府連は同じ土俵に乗ってしまった。共産党が自民推薦の府知事候補の小西禎一、市長候補の柳本顕両氏への表立った応援を控えた配慮をいいことに、「共産とは一緒に戦っていない」などと訴え、両氏は「自公」候補と強調。野合批判を気にして、エゴむき出しの自民党府連は維新の思うツボだ。

反維新陣営は国民民主党や立憲民主党を含め、束になって戦うべきだったのに、自民が率先して和を乱し、てんでバラバラ。野党の自主支援は事実なのに、自民が野合を否定するほど、大阪の有権者に愛想を尽かされるアホらしさだった。

「自民党府連は大阪都構想の問題点や、維新以外の政党が結集せざるを得なかった事情を支援者にすらロクに説明せず、足場を全く固め切れなかった。自民から離れた保守票が、改革連呼で安倍政権と同類の『第2自民』である維新の両候補に流れた印象です。身勝手な入れ替え選挙に打って出て、創設者の橋下徹前代表の応援なしの逆風下で勝利し、維新の自信を深めさせた自民党府連の責任は重すぎます」(大阪政界に詳しいジャーナリスト・吉富有治氏)

吉村氏も松井氏も今回の選挙結果をバネに、政令指定都市の大阪市を潰し、その権限、力、カネを収奪するだけの都構想に邁進していくのだろう。

「今回のダブル選で、公明は反維新候補に府本部レベルでしか推薦を出さなかった。党本部は保険をかけた形で維新の強さを見せつけられ、来る衆院選で大阪や兵庫の公明候補の選挙区に、維新が“刺客”を送り込んできたらマズイと震え上がっていることでしょう。党本部が中心となって維新に泣きつき、反維新陣営の府本部も寝返る姿が今から目に浮かびます」(吉富有治氏)

かくして大阪は維新がやりたい放題のさばる街になる。

本日の逸品
高知産 天然ハマチ
IMG_3359
あっさりしているが旨味もあります!
日曜日は今年で3年目になる京都ラグビーOB戦の大会を見に宝ヶ池球技場にいってきました。
川勝先生お元気でした。
いくつになるんだろう80歳は過ぎているだろうな
KIMG0011 KIMG0008 FB_IMG_1554729856485
毎年怪我人(アキレス腱断裂等)
がでるのですが、今年も足首を骨折した人がいました。
アップで怪我する人も・・気持ちと身体がついていけな
つくづく危険なスポーツだな