【何度もできるってシアワセ】

4月12日(金)

皆さんこんにちは

桜も明日くらいが終わりかな

今日の記事

人の事やから好きにしはったらええけども・・

Jリーガー、格闘家、Jリーガー、Jリーガーか・・

何度も結婚する人って、男も女も色気があると思います。

男は甲斐性が無ければ何回も結婚はできない。

人間は判断力の欠如で結婚し、忍耐力の欠如で離婚し、記憶力の欠如で再婚すると言うが・・

モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

公開日: 更新日:
4児の母!(本人のインスタグラムから)

4児の母!(本人のインスタグラムから)

拡大する

 モデルのMALIA.(36)が4月1日に離婚を発表。これでバツ4だ。2度目の結婚相手が、昨年9月に亡くなった格闘家の山本“KID”徳郁さん(享年41)だったと言えば、ピンとくる人が多いかも。

最初は2002年で、当時、横浜F・マリノスでプレーしていた田中隼磨と結婚し、男児を出産するも、04年に離婚。

翌05年に山本さんと再婚し、1男1女をもうけたが、09年に離婚。

3度目は15年で、当時マリノスの佐藤優平と結婚したが、子供はもうけず、17年3月に離婚し、同年11月に元Jリーガーでモデルの三渡洲舞人(26)と4度目を。翌18年8月に第4子の男児を出産したばかりだった。

ネット上では〈三渡洲と結婚した時点で、こうなることは予測してた〉など、〈やっぱりね〉という声が目立つ。

〈子供のことを考えたことがあるんだろうか〉といった厳しい意見も相次いでいる。

結婚・離婚を繰り返すのはMALIA.に限らず、タレントでビッグダディの元妻、美奈子(36)は4度、歌手のhitomi(43)や女優の土屋アンナ(35)は3度結婚している。

「『話題づくりなんじゃないの?』という声もありますが、MALIA.さんは、モデル以外にブラジリアンワックスのサロンなどを経営する実業家でもある。そんなに必死にならなくても、安定して食べていけるだけの収入はあるようです。シングルマザーになっても、生きていくための十分な稼ぎがある。それも離婚をちゅうちょしない理由のひとつだとは思いますが……」(芸能ライターのエリザベス松本氏)

まあ、日本の離婚率は約35%。バツが付くのは珍しくもない。

「一般論ですが、10~20代前半と早婚ほど離婚率が高い傾向がありますし、相性より、相手のルックスや職業、収入など条件だけで結婚を決める“こだわり”が強い人ほど離婚を繰り返しやすいですね」(結婚相談所関係者)

俳優の吉田鋼太郎(60)も事実婚を含めて4度結婚している。

「吉田さんは16年に4度目の結婚をする前に、あるトーク番組で『また結婚しようと思ってます。家庭への憧れがある。全部失敗してきましたから、最後はやっぱりちゃんと……』などと語っていました。『結婚に向いてない』と諦めず、『次こそ!』とポジティブに捉える。同棲や事実婚ではダメ。そういう人が果敢に結婚・離婚を繰り返すのかもしれませんね」(エリザベス松本氏)

人間は判断力の欠如で結婚し、忍耐力の欠如で離婚し、記憶力の欠如で再婚するというが……。

本日の逸品

赤貝、つぶ貝

IMG_0637 IMG_0613

赤貝は寿司ネタで有名です。