【大物の片鱗】

5月9日(木)

皆様こんにちは。

今日の記事

守備はまだまだだが将来の4番だな

2度の同点劇に貢献 ヤクルト村上は高卒でもキャラは超大物

公開日: 更新日:
延長十二回、同点のホームを踏んで歓喜の表情(C)日刊ゲンダイ
延長十二回、同点のホームを踏んで歓喜の表情(C)

拡大する

 デカイのは体だけではない。

高卒2年目でレギュラーに定着したヤクルトの村上宗隆(19)。188センチ、97キロの大型内野手はチームトップの9本塁打を放ち、10代では金田正一らを抜いて球団最多を更新した。

8日の阪神戦では八回に同点犠飛、1点ビハインドで迎えた延長十二回には死球を受けながら盗塁。次打者の中村悠が二塁打を放ち、引き分けに持ち込む同点の本塁を踏んだ。

ルーキーイヤーは二軍で研さんを積み、昨季はファームで17本塁打(イースタン2位)。「清宮世代」のブレーク候補筆頭といわれているが、周囲が面食らったのは打撃力だけではなかった。

ある日の神宮球場。クラブハウスから出てきた村上は、親よりも年上の杉村巡回コーチのお腹を笑顔でさすっていた。突き出たウエストを19歳にイジられた61歳の名伯楽は「スイングスピードだったりパワーだったり、持っているものは素晴らしいものがある。アイツは大物になるよ」と太鼓判。タイミングを外されて打撃フォームを崩す村上に、体の軸がブレないスイングを反復練習させた。日頃から練習に付き添い、キャンプや早出練習で二人三脚を続けてきた信頼関係があってこその“悪ノリ”だった。

大物キャラはすっかり定着している。雄平(34)も「オレ、なめられてるんですよ、まずいなあ。試合中もベンチで『雄平さん、ちゃんと声出してください』とか言ってイジってくるんです」と苦笑いだった。

コーチの指導を「スルー」することも。宮本ヘッドコーチはため息交じりにこう苦笑する。

「アイツは言うこと聞かんよ」

村上の課題はお粗末な守備。本人も「守備で迷惑をかけている」が口癖だが、今季6失策はリーグで2番目に多い。記録に残らない拙守も目立ち、ベンチでは宮本ヘッドが険しい表情を浮かべるのはおなじみの光景。それでも辛抱強くスタメンに起用し続けるのは、育成重視の方針だけではない。泰然自若とした立ち居振る舞いが大成を予感させるからである。

バレンティンが離脱し、山田と青木にマークが集中しているヤクルト打線。19歳の心身の成長が、今後を左右することになる。

本日の逸品
和歌山すさみ町 ケンケンがつお(初がつお)
IMG_1978
まだ召上ってない方是非ご賞味ください。