【紫綬褒章を受章】

5月24日(金)

皆さんこんにちは

今日も30℃越え

空気が乾燥しているからまだマシか

今日の記事

時代を超えて面白い

流石の漫才!

紫綬褒章を受章 オール阪神巨人“凸凹コンビ”45年の軌跡

公開日: 更新日:
オール阪神巨人(C)日刊ゲンダイ
オール阪神巨人(C)

拡大する

「3時間半かかって色を抜いた」

人生初の金髪にしたオール巨人(67)が頭に手をやると、「高須クリニックの院長か」とオール阪神(62)が突っ込む。阪神が軽い脳梗塞で約2週間の入院を経て、ことし4月に大阪・なんばグランド花月で揃って復帰のステージを踏んだときだ。病み上がりに加え「ネタ合わせ」も満足にできなかったそうだが、病気すら「阪神くんが梗塞で倒れた、阪神高速」とネタにして客席を笑わせた。

■趣味も性格も正反対

2019年春の褒章受章者。上方漫才界では、夢路いとし・喜味こいし、宮川大助・花子に続く3組目。来年、芸能生活45周年を迎えるベテランコンビは、184センチと160センチの身長のみならず、趣味も性格も正反対の凸凹である。

芸能リポーターの城下尊之氏が言う。

「たとえばテレビ番組の収録には、当然のように、局入りからしてバラバラ。巨人さんが時間厳守なのに対して、阪神さんはのんびりタイプで、仕事の入りからしてぶつかり、けんかになったりしていたそうです。また巨人さんは酒豪のたばこ嫌いなら、阪神さんは下戸で愛煙家の甘党。プライドが高く気性のはげしい巨人さんが、若い後輩芸人に礼儀や仕事の規範にいたるところまで、ときに厳しいことも言う親分肌の一方で、阪神さんはとにかくいい人にして、ギャンブルに女性好き。それで借金を抱えたり、離婚を経験されたりしています。そんな正反対のコンビだからこそ、決してナアナアになることなく、お茶の間やお客さんにウケ続けているのでしょう。これだけ長く第一線というのは凄い」

褒章受章を受けた記者会見でも、「今回初めて家族がオォーッとなりました。これまでは全部鼻で笑われてて」と阪神が言えば、すかさず巨人が「今までもろうてきた賞はどうなんねん、アホ」と鋭く突っ込む。上方漫才大賞を史上最多の4度受賞した実力と魅力はこのあたりの掛け合いにあるのだろう。ステージに立ち、並んでマイクに向かうだけで、お互いの調子や健康状況まで通じてしまうのだそうだ。

■「こんな褒美も」

ベテランになってからは上方漫才界のみならず、お笑いや芸能界の重鎮としての役割も全うしているようだ。

タレントの坂本一生(48)はこんなエピソードを語る。

「もう26年も前になりますが、『新加勢大周』でデビューし多くの皆さんに芸名でイジられていたころ、オール阪神巨人さんはいつもあたたかく、声をかけてくださり、励ましてくださいました。大御所でいらっしゃるのに、先輩ヅラをすることなく、腰が低く、僕のようなポッと出もバカにしない。どの世界であれ、生き残っていく人は違うなぁと思いました。受章おめでとうございます」

幾度もの解散危機を乗り越え、50周年も見えてきた中での吉報。「頑張ったらこんなご褒美もある」と、珍しくうなずき合っていた。

本日の逸品

いさき

FB_IMG_1492658559131

煮付けでどうぞ!