【正義の味方の助さんが・・】

5月31日(金)

皆さんこんにちは

今日の記事

人のすることやから どうでもいいが

好感度バツグンなのにな 意外だな

車なので足が付かないと思ったのだろうが・・

結局すきなんだろうな

“超ドケチ不倫”の原田龍二に芸能リポーターが押した烙印

公開日: 更新日:
原田龍二(C)日刊ゲンダイ
原田龍二(C)

拡大する

 温泉俳優で人気の原田龍二(48)に「文春砲」である。発売中の「週刊文春」では、出演していたドラマ「水戸黄門」にかけて「4WD諸国漫遊不倫」と題し、原田の行状が明かされている。

同誌によると、5月10日、レギュラー番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)の生放送を終え、愛車のランドクルーザーで21時前にJR駒込駅に到着。女性をピックアップし、郊外のスポーツ公園脇の小道に車を止めると2人は後部座席に移動。「頑丈そうな4WDが時折揺れ……」ものの10分もするとコトを終え、彼女を最寄り駅で降ろして帰宅したという。

彼女とはここで複数回、さらに別の女性とも同じ場所で逢瀬を繰り返しており、「おまえの体見たい」「お尻ムッチムチの」などと記した不倫LINEも掲載。さらに、地方ロケに前乗りした際や、京都での長期滞在中に呼び出すだけでなく、出張帰りの羽田空港の駐車場、原田の自宅最寄り駅などで車を止め、コトが終われば最寄り駅で女性を降ろしてとっとと家路に就くという、カネをまったくかけないドケチぶりと身勝手さが明らかに。相手はみな原田のファンで、本人からインスタのDM(ダイレクトメッセージ)を通じて“つながり”を持ったといい、昨年末から同様の情報が寄せられていたという。原田は「お2人で何を?」と直撃され、「してはいけないことですね」と全面的に認めている。

原田といえば、アキラ100%と全裸芸で共演したり、前張りナシで温泉ロケに臨む潔いキャラクターで人気。昨年10月には、「ボクと旅行をする設定です」と語った、まるで原田との不倫を想起させるデジタルヌード写真集をリリース。当時日刊ゲンダイのインタビューで「こんなオッサンが写真集を出したんだって興味を持っていただいたら……まずはご覧いただきたい」と語っていたが、この写真集も浮気に都合のいいツールのひとつになったのかもしれない。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「好感度崩壊“芸能史に残るクズ男”でしょう。彼の傲慢さが招いた結果で、関係が終わった時に蔑まれる最低なパターン。今後は正義の味方・助さんはもちろん、起用の多かった刑事役もできなくなる。あとは犯人役しか残っていないのでは」

原田は今回の件について31日に会見を行うというが、どう釈明するのか。

本日の逸品

北海道 生うに

SANY0054

あまいウニです。