【ようやく止まった・・】

6月3日(月)

皆さんこんにちは

今日の記事

4月は首位だったのに・・

ようやく連敗ストップ

青木も丸刈りして気合い入れた

交流戦を全勝したりして

16連敗でストップも…スワローズ“改名危機”!? 

交流戦は「他力本願しかない」と頼りない声も 

自軍が1970年にマークしたセ・リーグワースト記録の16連敗に並んでいたヤクルトは、2日のDeNA戦(横浜)に5-2で快勝。日本タイの18連敗を目前に、踏みとどまった。

一昨年の最下位から、昨年2位に躍進したが、首脳陣は「(一昨年)96敗もしたチームだから、いつまた負け始めるかわからない」と常に危機感を抱いていた。それでも大連敗は起こった。

2010年のシーズン途中に、当時の高田繁監督が休養したときには、指揮官の求心力が落ち、チームのムードは悪かった。1970年の16連敗中に別所毅彦監督が解任されたときも同様だったという。

ところが今回は「ムードは全然悪くない。地力がないのと、負の連鎖にハマったこと(が敗因)。うちの選手はマジメすぎて、切り替えが下手」と球団関係者は説明する。

首脳陣は「10連敗ぐらいから選手がドンドン固くなっていった。打てば投手が点を取り返される。投手が抑えれば打てない。守りの時間が長くなると集中力を欠いてエラーが出て、打撃にも影響する悪い流れを止められなかった」と敗因を分析した。

ロッテが98年に日本記録の18連敗(1分けを挟む)を喫したときには、コーチが解任された。12連敗で球団代表が謝罪、15連敗でおはらい。近藤昭仁監督がカメラマンに「人が困ってるところを撮って楽しいか!」と逆ギレするなど、後世に残る名場面があったが、今回のヤクルトはただ淡々と負けを重ねたようにみえた。

しかし、1つ勝って安心している場合ではない。4日からは日本ハム戦(札幌ドーム)を皮切りに交流戦がスタート。昨年の交流戦では初の最高勝率に輝いたが、首脳陣は「あれはたまたま。パ・リーグがうちをナメていただけ」と、今年も同じようにいくとは誰もみていない。

チーム内からは「連敗が止まってよかったといっても、あさって(交流戦)からが大変。パ・リーグは強いから、そんな簡単にいかない。うちが少々負けても、よそ(セ・リーグの他球団)も負ければ差は広がらない。他力本願しかない」となんとも頼りない声もあがっている。

一昨年は10連敗のあとに14連敗。ヤクルトアトムズ時代の1970年は、16連敗のあと、11連敗と、大型連敗が続いてしまう傾向がある。

当時は「アトムはあんなに弱くない」とクレームがついたという都市伝説が球団内にはあり、その後スワローズに戻している。このままでは「ツバメだってあんなに弱くない」と言われかねない。“改名危機”に陥らないためにも、何とか立て直さなければならない。(塚沢健太郎)

本日の逸品

富山産 白えびのかき揚げ

IMG_1320