【神童頭角を現す】

6月6日(木)

皆さんこんにちは

今日の記事

小学生の頃から注目を浴びていた

いずれ海外でプレーすることは確実

香川、岡崎、本田のようになるだろう

注目度NO.1の久保建英 各メディア“移籍狂想曲”の異常ぶり

公開日: 更新日:
久保建英(C)日刊ゲンダイ
久保建英(C)

拡大する

 現招集メンバー27人の中で間違いなく注目度ナンバーワンは、唯一の2000年代生まれ(2001年6月4日生まれ)であるFC東京の18歳MF久保建英だ。

しかし、先発はおろか、12人のベンチ入りメンバーにも名前は見当たらなかった。「より若手中心のメンバー構成の南米選手権(コパ・アメリカ)要員」(サッカー記者)ともっぱらだが、この久保ベンチ外は「罪作りにも程がある」(前出記者)。テレビもスポーツ紙も「久保の移籍情報」をド派手に扱いたかったからである。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が「いくら“書きドク”とはいえ、久保にまつわる移籍情報記事は、かなり現実離れしていると言わざるを得ません」と前置きしてこう言う。

「例えばスペインの名門レアル・マドリードが獲得に乗り出し、古巣バルセロナと争奪戦が繰り広げられるとか、フランスのパリSG、英プレミアのマンCといった強豪も狙っているとか、ややもすると常識外れレベルの記事が多過ぎます。夏の移籍市場の動向は、まず世界トップレベル選手が天文学的な移籍金とともに動き、それから中堅どころの移籍が活発となり、シーズン前になって移籍金の安い若手に声がかかる――という流れです。海外のトップリーグで何の実績もない久保は、もちろん豊かな才能に疑いはありませんが、今夏の移籍市場では大物でも中堅でもありません。各メディアは、もっと現実に即した冷静な報道を心掛けるべきでしょう」

まったくだ。

本日の逸品

新ジャガイモのポタージュ

 IMG_1580 (2)

女性に人気の逸品です。