【マンホールチルドレン20年軌跡】

6月8日(土)

皆さんこんにちは

今日の記事

老後に2000万必要

泉谷しげるじゃないけど

ふざけた話しだ!そんなカネどこにあるんだ

金融庁の「年金頼るな」に激怒 テレ朝坪井アナに圧力懸念

公開日: 更新日:
テレビ朝日の坪井直樹アナ(C)日刊ゲンダイ
テレビ朝日の坪井直樹アナ(C)

拡大する

 朝から、ここまで怒りをあらわにする局アナを見るのは初めて――。出勤前の視聴者もそう感じたのではないか。

5日朝放送のテレビ朝日系の情報番組「グッド!モーニング」でブチ切れたのは、メインキャスターを務める同局の坪井直樹アナ(49)。普段は温厚なキャラで知られる彼を激怒させたのは、金融庁が「年金以外に老後資産は2000万円必要」とまとめた報告書だ。

午前7時台の特集で麻生大臣の「100歳まで生きる前提で退職金を計算してみたことある?」というナメた発言を紹介しつつ、この問題を詳報した後、坪井アナはとうとうと語りだした。

「私の息子が先日、二十歳になって、年金の保険料を納め始めました。私も20歳から30年近く払い続けています。だから金融庁や(麻生)大臣の話は、その年金制度を頼れない、頼るなと言っているようなもので、朝から怒りたくないですけど、本当にガッカリ!」

「さらに言うと、消費税は上がり続ける。もっと言うと、先日、戦争発言をした国会議員(丸山穂高)、責任も取らずに2カ月間休んで、この間も彼の給料・ボーナス何百万円という額が税金から払われる。それでも私たちは一生懸命働いて、国民は税金を納めているんですよ」

隣の松尾由美子アナが「怒りが止まらないです」とうなずくと、坪井アナはさらに続けた。

「707人の国会議員は何のためにいるんですか! 本当に。安心して暮らせる社会のためにあるんじゃないですか!」

坪井アナは「きょう、6月5日は『老後の日』です」と上手に締めくくったが、全く同感。視聴者の気持ちを代弁した気骨あるコメントだ。

しかし、NHK以下のテレビ局が政権の“飼い犬”と化す中、テレ朝も例外ではないという。

「安倍首相に『政権復帰の恩人』とあがめられる幻冬舎の見城徹社長を、放送番組審議会の委員長に君臨させていることからも分かるように、早河洋会長は政権ベッタリ。元経産官僚の古賀茂明氏の『報ステ』降板以降、政権批判を許さないムードが上層部に蔓延し、現場は辟易しています。残念ながら、あれだけ政権を批判すると、坪井アナの今後が心配になってきます」(テレ朝関係者)

入社27年目のベテラン、坪井アナの正論にも“圧力”をかけるのか。テレ朝の良心が問われる。

本日の逸品

いさきお造り

FB_IMG_1492658559131

以前見た番組が再放送されます。

NHKが20年にわたり取材

なんと言えない強烈な印象が残りました

皆様に是非見てい貰いたい作品です。

今夜深夜  NHK 地上波 1時24分から

「ボルトとダシャ マンホールチルドレン 20年の軌跡」

 ギャラクシー賞特別受章。親に捨てられたマンホールチルドレン。20年の壮絶人生。

底辺から脱出、再転落。運命の女生との愛憎。家族と離別、再会、感動のクライマックス