【人たらしの術】

6月13日(木)

皆さんこんにちは

今日はいいお天気です。

今日の記事

やっている事は何も悪い事ではない。

彼は芸人としての「笑いの才能」が無かったから別の才能を駆使して人脈作りに励んだけ。

人との出会いで人生が大きく転換することもある。

角界の著名人に「こびへつらい」ながらも気に入られるの事はすごい才能の持ち主だ。

相当な努力をしてたのだろう。この辺は月亭八光とも似ているが、違うところは「月亭一門」の落語家であり八方師匠の息子で

ボンボンであり自分の立ち位置を理解している。

でも入江は根っからの「悪党」では無かったんだろうな。

上には上がいて逆に彼を利用する「悪党共」いて

残念ながら「悪党共」にうまく利用される結果となった。

闇営業で吉本解雇 カラテカ入江が語った“男芸者”の極意

公開日: 更新日:
「カラテカ」の入江慎也(C)日刊ゲンダイ

「カラテカ」の入江慎也

拡大する

 反社会的勢力相手の闇営業が発覚し、吉本興業をクビになったお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(42)。

入江は酒席を通して、あらゆるジャンルに人脈を広げていた。会食は年間400回。先輩芸人はもちろんのこと、白鵬からサッカー日本代表の長友、加藤茶の義理の父まで、「友達5000人芸人」を豪語していた。もちろんワタミの渡辺美樹元会長をはじめ、多くの“社長人脈”も築いていた。

入江式 のしあがる力」「後輩力」「社長が落ちる接待力」など、これまで7冊の書籍を出版。かつて本紙の連載(2014年7月14~18日)でも、人脈づくりのノウハウを語っていた。

入江は、97年「カラテカ」でデビューしたものの仕事が入らず、消費者金融に60万円の借金をつくってしまう。

「暇な時に何をしたかというと、先輩や知人の引っ越しやコンパの幹事といった、誰もが嫌がる面倒な仕事を積極的に引き受けることでした。

自分で言うのもなんですが、それで信頼を得て可愛がられたから、『仕事をあげよう』『いっしょに仕事をしよう』『人を紹介してやろう』となるんです」

人たらしの才能を開花させた入江は、スポーツ選手や社長相手に“男芸者”としての腕を磨いていく。これ以上飲めなくなったときの対処法はこうだ。

「こないだも、芋焼酎100杯飲んで、急性アルコール中毒の手前までいきました(笑い)。もう飲めない! ってなったときの回避方法は、『いや社長、僕よりもコイツが超強いんですよ』と隣にいる後輩を人質に出すか、飲んでいるふりしてウーロン茶にすり替えるか……。特に、力士との飲み会はいつも飲みすぎちゃいますね」

そして酒席の翌日には、“お礼メール”は欠かさない。それにもコツがある。

「僕がお礼メールを出す時間は『12時15分』。仕事が一段落した時間帯だからです。夕方に送らないのは『忘れていて、今ごろになって送ってきたのか』と思われてしまうから。相手の立場に立って、どうしたら迷惑をかけずに喜んでもらえるかを想像するんです」

さらに、接待とは「相手がいかに気持ちよくなるかを考えて行動すること」だと語り、「何を隠そう、僕自身も社長になりたいんです」と野心を隠さなかった。

「入江さんは、いつも携帯番号の入った名刺を持ち歩いていて、道で声をかけられた人には、誰彼構わず渡していました。とにかくコミュニケーション能力が高く、人脈はどんどん広がっていました」(業界関係者)

類いまれな才能で築いた人脈が反社会勢力につながり、結果的に自分の首を絞めることになってしまった。

本日の逸品

天然の縞アジ

KIMG0965

 焼きでも美味!