【台風10号通過】

8月15日(木)終戦記念日

皆様こんにちは。

今のところ風もきつくない

一応営業してます。

今日の記事

台風10号直撃! 西日本全域“機能不全” 15県で7000人以上が避難 帰省客足止め、輸送網も分断

お盆休みの列島に数日来、大雨をもたらしている大型の台風10号は15日午前、愛媛・佐田岬半島付近を通過、そのまま北上し、西日本を縦断する見込みだ。多いところで総雨量1200ミリを超える記録的大雨になる恐れもあり、15県で7000人以上が避難し、16人が負傷。交通網も運休・欠航が相次ぎ、帰省客の足を直撃した。経済活動は停滞し、輸送網も分断、西日本全域が機能不全に陥った。

台風10号は目が大きく、その周辺に積乱雲が発達しているのが特徴だ。通過した後も暴風雨が続く。普段は雨が少ない瀬戸内でも大雨をもたらす。気象庁は今後、土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

交通網は運休や欠航が相次ぎ、ほぼ壊滅状態。Uターンラッシュを直撃したが、鉄道や空の便の計画運休に加え、路線バスなども次々と運休したため、帰省客の多くは足止めをくらい、駅や空港の混乱は抑えられた。

JR各社によると、山陽新幹線の新大阪-小倉間が終日運休。小倉-博多間は1時間に1本程度の運転にとどめた。東海道新幹線は山陽新幹線との直通運転を取りやめ、上下計55本を運休に。16、17両日、のぞみの追加臨時列車計10本を運行する。

在来線も京阪神地区を発着する特急列車約190本を運休するなどして対応。中国地方では、岡山、広島、山口の3県で運転を見合わせた。瀬戸大橋線を含む四国のJR全線でも終日運休する。

空の便に影響も。日航は187便を欠航、全日空も270便の欠航を決めた。

高速道路は、神戸淡路鳴門自動車道の洲本-鳴門と瀬戸中央自動車道の児島-坂出、東九州自動車道の一部区間などが通行止めとなった。

輸送網も分断。ヤマト運輸や日本通運が四国や九州で集配をやめた。サントリーホールディングスは山崎蒸溜所(大阪府島本町)の操業を中止。遊園地のひらかたパーク(大阪府枚方市)も休園となった。

強い風にあおられて転倒するケースも相次いでいる。岡山県倉敷市では15日午前、ガソリンスタンドで60代の男性従業員が看板の撤去作業中に風にあおられて転倒し、頭にけがを負った。岡山市でも犬の散歩をしていた60代の男性が転倒し、顔や肘にけが。

14日午後、大分県玖珠町の大谷渓谷では、観光客ら18人が増水した川で孤立。けが人は出ておらず、15日午前に全員が無事救助された。