【痴漢防止スタンプ】

8月30日(金)

皆さんこんにちは

8月も明日で終わり

雨でだいぶ涼しくなり蝉の声もツクツクボウシにかわってきました。

今日の記事

アイデアはいいと思う。

以前は安全ピンが有効と言ってましたが

果たしていざその時ににピンポイントでマーキングできるかどうかだな?

30分で完売「迷惑行為防止スタンプ」痴漢冤罪は大丈夫か?

公開日: 更新日:
ブラックライトでマークが…(提供=シヤチハタ)
ブラックライトでマークが…(提供=シヤチハタ)

拡大する

 痴漢の手にポンとハンコ――。シヤチハタの「迷惑行為防止スタンプ」(2700円)が話題だ。26日のテスト販売では500個が30分で完売した。

 縦66ミリ、横22ミリの筒状で、同社が開発したUV発色インクを使用。人の手などにスタンプすると、肉眼では見えないが、付属のブラックライトを照射することでマークが浮かび上がる。カバンなどに吊すフックがついている。

「皮膚に染み渡る性質のインクなので、水道で洗うと消えますが、ツバでこする程度では消しづらいようです。ただ、本体の色を人が認知しやすい黄色にしていることからもお分かりのように、痴漢の抑止効果のために開発しました」(シヤチハタ広報部)

痴漢を捕まえることより、迷惑行為を自制させることを狙った商品だ。

■美人局に悪用されるおそれ

とはいえ気になるのは「痴漢冤罪」だ。尻などを触られた女性がこのスタンプを押して痴漢を警察に突き出したものの、実は真犯人ではなかったという事態も考えられなくはない。

「衝動的に女性に触りたくなった男性に犯行を思いとどまらせる効果はあるでしょうが、やはり冤罪が心配です」とは、元検事で弁護士の落合洋司氏だ。

「痴漢されている女性は動揺しているため、近くにある別人の手にスタンプを押してしまう可能性もあります。最近の痴漢は手口が巧妙で、被害女性の背後にいる男性の後ろから触ったりする。無実の第三者を挟んで痴漢し、その第三者が疑われる事態が起きているのです。その第三者がスタンプを押されたら冤罪が発生する。女性がスタンプを使うなら、体を触っている手をしっかり掴み、もう一方の手でスタンプを押すくらいの正確な行動が必要です」

女と男がグルで電車に乗り、女が無実の男性の手を掴んで「この人、痴漢です」と騒いで、グルの男が警察に突き出す“痴漢美人局”も起きている。こうしたワルに使われたら万事休すだ。

もし間違ってスタンプを押されたら、どうすればいいのか。

 「今は警察も痴漢捜査に慎重です。清廉潔白であれば車内の状況を冷静に説明し、必要なら自分の手のひらに下着などの繊維痕がついているかどうかを調べてもらう。押されたスタンプをツバや水道で消すと、逆に怪しまれて自分を追い込んでしまいます。偽名を名乗ったり、被害女性のそばにいなかったなどとウソを言うのは絶対にダメです」(落合洋司氏)

迷惑行為防止スタンプで痴漢被害が減ることを期待したい。

本日の逸品
今が
無花果(いちじく)
IMG_1827
揚げ出しでどうぞ!