【過去の怪物に並んだ】

8月31日(土)

皆様こんにちは。

今日で8月も終わり

今日の記事

守備まだまだやけど

大山、藤浪にもいい意味でも村上のようは「ふてぶてしさ」があれば・・

人を育て伸ばすとは…ヤクルト村上の開花に小川監督の胆力

公開日: 更新日:
過去の怪物に並んだ村上(C)共同通信社
過去の怪物に並んだ村上(C)共同通信社

拡大する

 ヤクルトの高卒2年目野手、村上宗隆(19)が過去の「怪物」に肩を並べた。今季31本、86打点は本塁打で清原和博、打点で中西太さんに並ぶ、高卒2年目以内のプロ野球記録である。

 一方で打率はセ・リーグ最下位の.232。守備では一塁手、三塁手としてリーグワースト2位の15エラーを記録している。これを、あげつらう声もあるようだが、バカを言いなさんな、だ。

村上の最大の長所は長打力と勝負強さである。チマチマとヒットを狙うようになっては、彼の魅力は半減する。特に長打力は、持って生まれた能力によるものが大きい。つまり、長距離砲は指導者の力で育てられるものではない。セの打撃成績を見れば、それはよく分かる。昨季、規定打席に達して打率3割超をマークした選手は15人もいるが、30本塁打以上を打った選手は7人しかいない。そのうち2人は助っ人外国人。打高投低の現在の球界にあっても、長打力はそれほど貴重だということだ。

小川監督もそれが分かっているから、開幕から我慢強く起用した。村上が天賦の才を花開かせたのは、そんな指揮官の存在も大きい。オリックス時代のイチローが3年目にようやくレギュラーの座を獲得したように、能力があれば試合に出られるとは限らない。指導者の方針や好みに合わなければチャンスをもらえないこともある。村上だって、打率の低さや守備のまずさを問題視するような監督だったら、出場機会が限られ、ここまでの成績を残せたかどうか分からない。

■チャンスの打席で代打の清宮

同じ高卒2年目の日本ハム・清宮幸太郎(20)は、ケガがあったとはいえ、今季のスタメン出場は四十数試合にとどまっている。中田翔の故障で8月13日からは4番に座ったものの、チャンスの打席で代打を送られることもあった。

CS出場を争う日本ハムと最下位に沈むヤクルトとでは、チーム事情に大きな差があるとはいえ、村上がリーグでダントツの160もの三振をしようが、致命的なエラーをしようが、119試合で先発起用している小川監督の胆力は際立っている。

 選手を育てるのは、コーチが手取り足取り教えることではない。人を伸ばすのは、我慢しながらチャンスを与え続けることだというのが、村上と小川監督を見ているとよくわかる。
本日の逸品
ひらめの薄造り
IMG_2681