【カネやん逝く】

10月15日(火)

皆様こんにちは。

今日の記事

唯一、張さんが頭の上がらない先輩

この前までサンデーモーニングに出ていて元気だったのに・・

良くも悪くも凄い大投手だ。

故金田正一さん 400勝支えた負けず嫌いと特製野菜ジュース

公開日: 更新日:
ONと肩を組む巨人時代の金田正一氏(中央・1969年)/(C)共同通信社

ONと肩を組む巨人時代の金田正一氏(中央・1969年)/(C)共同通信社

拡大する

 金田正一さん(享年86)が亡くなった。

実際にはあり得ないのだが、“カネさんだけは不死身”と本気で思わせる存在感を放つ傑物だっただけに、訃報を聞いても信じられなかった。

駆け出しの頃から目をかけていただいた。中日に入団した1961年、5歳上のカネさんはすでに国鉄の大エース。私が35勝を挙げて投手のタイトルを総ナメにしたこの年、あちらはのちに14年連続20勝以上という不滅の記録となる11回目の20勝を達成していた。

そんな大投手を見て、“今の金田さんだったらスピードはオレの方が上だな”などと腹の中では思っていた生意気な新人の私を、“この小僧には見どころがある”と思ってくれたのか、「おい、ゴン!」と声をかけてくれるようになった。

それからは、名古屋での国鉄戦があると、試合前に「おい、ゴン! 明日、行くぞ!」とお呼びがかかり、数え切れないくらいゴルフのお供をした。シーズン中でもお構いなし。前日に中日球場で投げ合ったカネさんと翌日にはゴルフ場で勝負をする。それも、「きょうは1ラウンドだけだぞ」と言いながら、決まって2ラウンド、2ラウンドハーフになった。カネさんが負けていると、もう一丁!もう一丁! となるからで、生粋の負けず嫌いだった。

■風呂敷に大量のアンダーシャツ

ご自宅に招待され食事をごちそうになったことも一度や二度じゃない。リビングに通されると、テーブルにはいつも山盛りの野菜と山盛りの牛肉が準備されており、「さあ、食え。野球選手は体が資本だ」と宴会が始まる。肉をつまんでいると、「これは体にいいぞ」と特製の野菜スープをすすめられ、つがれるままにビールをグビグビやっていると、そのそばから、「これも体にいいぞ。飲め!」と今度は特製の野菜ジュースがジョッキで出てくる。当時の野球選手で、カネさんほど食事にこだわり、体調管理を考えていた人はいなかったのは確かだ。

球場入りする際には、いつも大きな風呂敷を持っていた。中をのぞかせてもらうと、大量のアンダーシャツと替えのユニホームが入っている。汗をかいた体を冷やさないためで、今では当たり前だが、私はそんなことを考えもしなかった。登板のない試合前の練習を見れば、ノックやトスバッティングで右に左に走り回り、時にはダイビングキャッチまでして球に食らいつく。フラフラになってベンチに戻り、汗でビッショリになったアンダーシャツとユニホームを着替え、今度は外野に行って延々とランニング。同じ投手として言葉が出なかった。

最後に会ったのは、昨年12月の巨人原辰徳監督の殿堂入りを祝うパーティー。「おい、ゴン! 女房は元気か!」と、いつもと変わらぬ大きな声だった。いまだに、まさか、という思いでいる。

権藤博

著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

本日の逸品

馬刺しが入りました!

IMG_2544