【準決勝南ア戦】

10月20日(日)

皆様こんにちは。

南ア戦だ!やってきたことをやれば勝てる!

今日の記事

平尾誠二さんの命日に南ア戦

感慨深い

平尾さんの写真を持って応援するぞ!

ラグビー代表リーチ、堀江、田中 辛い時代を知る男達の決意 


果敢に攻めるのはキャプテン、リーチマイケル(撮影/藤岡雅樹)

写真3枚

 開催中のラグビーワールドカップで史上初となる決勝トーナメント進出を決めたラグビー日本代表。強豪スコットランドを28-21で下した1次リーグ最終戦(10月13日)は、テレビで生中継され、平均視聴率39.2%という驚異の数字を叩き出した。

今大会では、具智元(25才)、姫野和樹(25才)福岡堅樹(27才)、松島幸太朗(26才)、といった20代の選手が大活躍しているが、長らく辛酸を舐めてきた30代のベテランも、“最後の輝き”を放っている。W杯3大会連続出場の主将リーチ マイケル(31才)、フッカー堀江翔太(33才)、スクラムハーフ田中史朗(34才)だ。

3人が初出場した2011年W杯は0勝3敗1分け。強豪ニュージーランド(NZ)には7-83の大敗。そんな暗黒時代に倒され続けた男たちが今、立ち上がって世界の強豪をなぎ倒しているのだ。

リーチの父はNZ人で母はフィジー出身。「NZでハーフとして馴染めなくて、日本に移ってもそれは変わらなかった。街を歩けばショクムシツモン(職務質問)。人はよく見かけで判断する。そんな中でどう自分を保つのか」と話す。ラグビーの実力で居場所を確保するのが、生きる手段だった。

W杯初出場の8年前に人生最大の屈辱を味わう。

「リーチは母国NZに大敗し、自分の半生を否定された気分になったそうです」(友人)

その直後に日本代表の主将に任命された。大泉洋主演ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)で俳優デビューしたエース浜畑こと廣瀬俊朗さん(元日本代表主将、38才)の後釜だった。

「神に誓うな 己に誓え」
「強いチームになるには最強の主将でなければならない」

巨体のスコットランド選手の突進を、タックルでことごとく食い止めた。そのたびに、約7万人の観衆が「リーーーチ!!」と叫んだ。国民的ヒーローは、もう居場所を探す必要はない。

◆すべてを犠牲にし、命をかけてやってきた

堀江と田中。1984~1985年に一世を風靡したラグビードラマ『スクール☆ウォーズ』(TBS系)が放送された頃、同じ関西で生まれた。2人も悔し涙をたくさん流してきた。

以前は世界に押され負けていたスクラムを、今大会で日本の武器にまで進化させた堀江は、「リポビタンD」のCMでも一躍有名に。『兵、走る』(B’z)のBGMで〈2015年に頸椎の手術をして2018年に足首の手術をした。それでもラグビーを諦めない〉とトレーニングをする姿が、毎日テレビで流れている。コワモテに映るドレッドヘアは、小学生時代の初恋相手の妻・友加里さんに編んでもらっているという。友加里さんは「W杯はこれが最後と言っています。悔いなくがんばってほしい」と、愛のしるしを振り乱して突破する姿を、見守っている。

一方、最も小柄な166cmの田中は、誰よりも日本ラグビーへ情熱を傾けてきた。

4年前。日本がV候補国の南アフリカを破り日本中を驚かせた2015年W杯直後だった。五郎丸歩(33才)の「五郎丸ポーズ」がブームとなる中で迎えた、ラグビーのトップリーグ開幕戦。日本ラグビー協会の不手際で、観客席がガラガラとなると、協会に自ら電話をかけ「ぼくらはすべてを犠牲にして、命をかけてやってきたのに!」と、烈火のごとく抗議した。たとえ協会のお偉方に眉をひそめられることになっても、ラグビーの灯りを消してはならない。使命感だった。

田中はしみじみ言った。「北海道・網走でのW杯直前合宿。ただの練習に1000人近いファンが見に来てくれました。リーチと『昔はこんなこと絶対なかったよな』って話して。赤白のジャージーを着てる子供たちの姿に、熱いものがこみ上げました」

それぞれの思いをぶつける夢の準々決勝は10月20日、日曜日。東京スタジアム(調布市)で、前回大会で大番狂わせを起こした因縁の相手・南アフリカと戦う。奇しくも、これまでの日本ラグビー界で、最も有名だった元日本代表監督の平尾誠二さん(享年53)の命日にあたる。

ジェイミー・ジョセフHC(49才)は、平尾監督時代の日本代表選手だ。田中は、伏見工高で平尾さんの後輩にあたるなど、ゆかりだらけだ。そんな天国にいる先人の夢も背負って、ブレイブ・ブロッサムズ(勇敢な桜の戦士たち)は、季節外れの満開の桜を咲かせる。

※女性セブン2019年10月31日号

本日の逸品

高知産 天然しまあじ

KIMG0763

天然ものは美味い!

IMG_3480

平尾誠二(享年53歳)

なくなって3年 早い・・