【侍ジャパン優勝】

11月18日(月)

皆様こんにちは。

今日の記事

稲葉監督ほっとしたことだろう

誠也が大活躍だった。

足のスペシャリスト周東くん凄いな!桁違いの足の速さだ

プレミア12で韓国は侍Jをどう見たか 戦力分析担当に直撃

公開日: 更新日:
優勝を決めてグラウンドを1周する稲葉監督とナイン(C)日刊ゲンダイ
優勝を決めてグラウンドを1周する稲葉監督とナイン(C)

拡大する

 雪辱を果たした。

17日、侍ジャパンはプレミア12の韓国との決勝戦に勝利。目標だった“世界一”を達成した。

大会2連覇を逃したものの、韓国は主砲パク・ビョンホら強力打線がチームを牽引。ネット裏で視察していたメジャースカウトがこう言う。

「野手に限れば日本人よりも韓国人の方が評価が高い。近年はイチローのような巧打者タイプよりも、162試合を戦うタフな環境に耐えられる身体的な丈夫さ、スイングのスピード、パワーを重視しています。今大会、日本には鈴木(広島)のような優れた選手もいましたが、全体的に見ると韓国の方がメジャー好みの打者が多いですね」

韓国プロ野球はもともと、力勝負を重視するメジャーに近いスタイル。今季は、「飛ばないボール」が導入され、リーグ全体の本塁打数は減ったものの、確かに今回の打線も迫力があった。

来年の東京五輪、そして、2021年の第5回WBCでも日本のライバルになるのは間違いないが、韓国代表は侍ジャパンをどう見たか。戦力分析担当としてチームに帯同したキム・ピョンホ氏を試合前に直撃した。

「韓国が日本より優れていると思うのは打者のパワー、技術です。投手は日本の方が上でしょう。制球、変化球が良い投手が多く、投手力が日本の一番の長所だと考えています。今回は菅野(巨人)が出場していませんが、たとえばリリーバーの甲斐野(ソフトバンク)は最速158キロを投げるスピードボーラー。フォークも素晴らしい。彼のような速い球を投げる投手は韓国にはなかなかいない。日本に勝つためには、投手の制球力が重要になる。ただ、見ていて思うのは、日本はフォークやスプリットを投げる投手が多く、肘のケガが心配だということ。韓国では投手の体に考慮して、フォークよりもチェンジアップを投げることが多い。米国と同じスタイルです」

キム氏は野球の環境についても言及した。

「もともと、日本と韓国では、野球の競技人口に大きな差があります。日本は高校野球が活況ですよね? 韓国の高校で野球部があるのは、60~70校です。それだけ日本は優秀な選手が出てくる土壌があると思います」

五輪に限れば、日本は韓国に4連敗中。プレミア12を制しても、油断はできない。

本日の逸品
じゃが芋のポタージュスープ
IMG_3541
女性に人気の逸品です。