【珍獣ハンター結婚】

11月26日(火)

皆さんこんにちは

今日の記事

売れっ子

美男美女の芸能人の結婚などなんの興味も無いが

苦労して冠番組のレギュラー勝ち取って頑張っているタレントは応援したい

日テレの社員じゃなく制作会社スタッフの方のようなんで尚のことだ。

イモト「イッテQ」で結婚発表 お相手“石崎D”の評判と年収

公開日: 更新日:
イモトアヤコ(C)日刊ゲンダイ
イモトアヤコ(C)

拡大する

 タレントのイモトアヤコ(33)が24日に生放送された「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で結婚を発表した。お相手は、イモトのデビュー作となったコモドドラゴン捕獲から「イッテQ登山部」まで、数多くのロケを共にしてきた「石崎D」こと石崎史郎ディレクター(41)。石崎氏はイモトが「珍獣ハンター」の座をゲットした2007年のオーディションの際、審査員を務めていた。極限状態の冬山ロケでは「石崎さん、責任取って結婚してくれよ、私と!」とイモトが逆ギレしながら訴えたこともあり、マッキンリー登頂の際には2人はキスもしていた。

■格差婚でもイモトはメロメロ

イモトは番組内で、好意を抱いたきっかけについて、17年に南極大陸最高峰を目指した際、石崎氏が高山病でリタイアしたところ、「石崎さんがいなくなったことで、すごく不安になった。この方に私はすごく支えられているんじゃないかと気づいた」と語った。局関係者はこう語る。

「石崎氏は、バラエティーを専門とする番組制作会社のスタッフで日テレ本社の社員ではありません。まさに叩き上げでここまで来た人で、演者やスタッフからの信頼は厚い“ヤリ手”です。ただ、年収は日テレ社員には及ばず、800万円前後ではないでしょうか。対するイモトは3000万円以上は軽く稼いでいるはずですから、かなりの『格差婚』とみられます。しかし、イモトの方が完全にメロメロなんです」

無名のお笑い芸人が、数々の修羅場を共に乗り越え、自身を当代一の人気者にしてくれたディレクターとめでたくゴールイン。同番組の出演者もSNS上の反応も祝福ムード一色だが……。

「視聴率的にはすっかりテレ朝の『ポツンと一軒家』の後塵を拝している『イッテQ』は、企画やキャストの再考を求められています。番組の功労者ではありますが、今後いつまでも“夫婦漫才”のようなロケを続けるわけにはいかなくなってくるはずなので、番組でのイモトの出番は減り、“卒業”の可能性も出てくるでしょう」(スポーツ紙芸能デスク)

 “珍獣ハンター”引退の日もいずれやってくるかも知れない。
今日の記事
なんとなく食べたくなっので拵えました。
シンプルなクリームシチュー
2013y12m17d_130347174
きたあかりを使用。こくのあるじゃが芋
IMG_1633
グラタン風に仕上げてます。
バケットでもいけます。