【10億円横領オンナ】

1月18日(土)

皆さんこんにちは

今日の記事

少し前のことだが

住友重機械の労務の会計をひとりでやっていたんて・・

総額10億ほどあるらしい。えげつない

人のカネなんてなんとも思っちゃいない。社員の年金どうなるんだろう?また税金で補填するのか?

6億円横領女と逃亡ゴーン…世界を埋めつくす悲惨な格差

公開日: 更新日:

 アベ政府はもくろんでやがったな。年が明けたら、公文書管理法違反などという、右折禁止がバレて認めたら終わり、みたいな言い訳をいけしゃあしゃあと……官房長官め。「詐欺師も呼んで桜を見て焼き鳥を食う会」の私物化。税金盗人猛々しいとはおまえらのことだ。違反を認めたら何だ。なら、酒と焼き鳥代6000万は罰金だ。国民に返せ、だ。ほんとに姑息な政府。テキトー人間の集合だ。カジノ賄賂も「遺憾に思います」、ゴーン逃亡も「遺憾に思います」だ。国がバカにされたんだぞ。レバノン政府もカネでゴーンを許したんだろ。やつが会見で園児みたいなことばかり言うのでテレビを消したが、盗人猛々しいのは、こやつだ。何が上流階級だ、どこがセレブだ。レバノンの有力高官に何十億円ばらまいたんだ。

日本の検察は“罪”を自白しないと出してくれない、拘置所で風呂に入れない、「妻と面会できなかった」とタワ言ばかりだ。風呂など毎日入れるわけないだろが。日本でぬくぬく暮らし、カネをネコババして、日本で捕まって牢屋に放り込まれたんだぞ。何が10年も裁判待てない、だ。何さまだ。創業者でもない、ただの自動車屋の雇われ者だろが。その筋で言う「床板腐らせるぐらいの懲役忍耐」と「警察ど根性」の極道者からしたら、風下にも置けないガシンタレの意気地なしだ。あの胸くそ悪い顔でよくも人目をかいくぐれたもんだと思ってたら、隙だらけの関空でデカ箱の中に丸まっていたとはお笑い謹賀新年だ。弁護士もだまされましておめでとう、だ。誰がこのトンズラ物語を考えたのか。

ドラマ化もありそうで、主演はミスター・ビーンがいいという与太話もあるが、ご当人に無礼千万な話だ。このゲスな守銭奴はもう一生日本には戻らない。貯めていた何百億円かの資産を当てに、どこで暗殺を恐れながら暮らすつもりか。野垂れ死ぬがいい。

でも、こっちの盗人は惨めだ。住友重機に勤めていた60歳の独身女は労組の会計を1人で担当したのをいいことに、組合員の年金口座から6億円以上を自分の口座に移して、馬を6頭も買って捕まった。馬と過ごした笑顔の写真も世間にバラされた。ポルシェもレクサスもエルメスのカバンも買い、そのくせ、付き合っていた男もなく、家賃6万のアパートで暮らしていた。

1人で横領を繰り返し、1人で乗馬クラブに通うだけ。同じ悪人でも彼女は寄る辺なき最下層者だ。ゴーンなんかと違ってなんとも哀れだ。

こんな悲惨な格差が世界を埋めつくしている。レバノンも1%の富裕層が国を養ってる政治腐敗と莫大な債務の国だとか。だから、ゴーンは何億円か渡してかくまってもらうつもりなのだ。悪党よ、眠れないんだろう。日産の工場を首切りされた労働者でもないのに、腹が立つばかりだ。

井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

本日の逸品

雲子(しらこ)

まったりクリーミーで美味!

thZTXGOXQX