【豪栄道引退の舞台裏】

2月4日(火)立春

皆さんこんにちは

今日は立春です。

暖かい一日

今日の記事

豪栄道は「年寄株」が無いので引退を遅らせていたらしい

ようやくここにきて「年寄株」を取得し引退にこぎつけたようだ。

慢性的な年寄株不足、力士たちが簡単には引退できなくなっている。

豪栄道の奇妙な引退、協会理事選の駆け引きに使われた可能性

会見では「やり切った」と語ったが…(時事通信フォト)

写真1枚

「数年前から、大関から落ちたら引退しようと心に決めていた」。カド番で臨んだ初場所で負け越した大関・豪栄道は、引退会見でそう明かした。ただ、会見に至る経緯には「奇妙な点が複数ある」(協会関係者)という。

ご当地場所となる春場所で10勝をあげての大関復帰を目指すことなく引退すると表明したのは千秋楽の3日後(1月29日)。春場所の番付編成会議の当日までずれ込んだ。

しかも、引退の一報は千秋楽翌日に流れたものの、その時点で「××を襲名」といった親方名の情報はなく、その翌日の協会の発表で「武隈」の襲名が明らかになった。

「大関は年寄株がなくても3年は現役名で協会に残れる特例があるのに、なぜ『武隈』を持っていることが当初、はっきりしなかったのか。何か水面下でギリギリの駆け引きがあったのではないか」(同前)

引退後に親方となるためには、原則として105ある年寄株のいずれかを所有する必要がある。その確保が難しくなっていることが、豪栄道の引退経緯からも垣間見える。

「今回、出羽海一門の境川部屋に所属する豪栄道が継承した『武隈』は、もともと伊勢ヶ濱一門の株。貴乃花騒動を経て、親方衆は5つある一門のいずれかに属さなくてはならないルールになり、一門外に株が流出するのを防ぐ流れが強まっているなかで、例外的なケースです。『武隈』は元関脇・黒姫山が長く持っていた株で、境川部屋に黒姫山の孫(幕下・田中山)が入門した関係もあって継承できたのではないか。

折しも初場所後はちょうど2年に一度の理事改選の時期。結果的に無投票になったが、“武隈親方の1票”を必要とする勢力があって、豪栄道の引退、襲名を駆け引きに使ったとの見方もある」(ベテラン記者)

そうした一門の縛りに加え、「70歳まで定年延長する親方が増え、慢性的な年寄株不足」(同前)だといい、力士たちが簡単には引退できなくなっている。

構成員の高齢化でポスト不足──角界は日本社会の縮図かもしれない。

※週刊ポスト2020年2月14日号

本日の逸品

ぐじ(あまだい)の塩焼き

KIMG0709