【不貞のブーメラン?】

3月6日(金)

皆さんこんにちは

今日の記事

新型コロナウイルスの話ばかりで気が滅入るので

話題を変えて

人の「不倫ネタ」

朝の情報番組「グッドラック」での志らくさんちょっと苦しかったな

オンナは30させ頃、40し頃とよく言ったもんだが

18歳年下で「オンナ盛り」でないしょうがないかも・・

普段他人に厳しいのではてどうなるかだ。

志らく不倫ブーメラン直撃 奔放年下妻が弟子と不貞三昧

公開日: 更新日:
立川志らく(C)日刊ゲンダイ
立川志らく(C)日刊ゲンダイ

拡大する

 今は亡き師匠談志の至言である「落語とは人間の業の肯定である」で、うっちゃれるのかどうか。

落語家の立川志らく(56)が、元アイドルで弟子を取り仕切るおかみさんでもある妻、酒井莉加さん(38)のドギツイ不倫を週刊文春に報じられた。志らくといえば本業のみならず、平日朝の情報番組「グッとラック!」(TBS系)の司会を務め、歯に衣着せぬコメントでお茶の間の人気を集めている。渡辺謙の娘で女優の杏を妻に持つ俳優、東出昌大の不倫が報じられた際は「こうなったら開き直るしかないですね。芸の肥やしとか言ってね」と混ぜっ返し、批判も浴びたが、今度は我が身にスキャンダルが持ち上がり、自分の妻の不倫がすっぱ抜かれたのだ。

同誌直撃取材に対し、

「妻のことは信じているし、まあ、この程度のことだったらば、夫婦の絆は壊れない。酒飲んでいきすぎちゃったってだけのこと。離婚とかにはならないんで」と、大きく容認するようなコメントが掲載されているが、同誌によると、ちょっと酔っぱらってハメをはずしてしまったというレベルではない。たとえば2月19日深夜0時前、コンビニ駐車場に止めた軽自動車の助手席に座る莉加さんは、運転席に座る弟子のひとり、立川うおるたーという25歳の男から優しく後頭部に手を添えられ、引き寄せられると、そのまま熱い口づけを交わした。さらに男が運転席のシートを倒すと、股間に顔をうずめて、頭を上下させたという。コンビニ客に見られそうになったり、警察の職質を受けながらも、場所を変えて行為を続け、自分から男の股間をまさぐっていたそうだ。

こうした不貞が、志らく不在の自宅などで連日繰り広げられた上、過去にも別の弟子と深い関係になり、マンションを借りてあげたりスーツを新調してあげたりした揚げ句に揉め、破門騒ぎになったらしい。

「おかみさんは『Link Link Link』という地下アイドルの元メンバーで、舞台女優として活動中に志らくさん監督の映画『SF小町』に出演したのをきっかけに2002年に知り合い、06年に結婚、志らくさんは再婚でした。12年に長女、17年に次女が生まれて以降、志らくさんが自宅で家族にさんまカレーをつくって振る舞ったなどと、SNSに写真つきであげたりしている。夫をたて、良妻のイメージですけど、両脚にタトゥーを入れていたり髪をピンクに染めるなど、奔放な一面もありましたね」(芸能関係者)

18歳もの年の差もあり、多少の火遊びは大目に見てきたということか。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「彼はああ見えて愛妻家で、多忙ななか、一生懸命、育児にも積極的なイクメンです。そんな夫を2度までも裏切っているとすれば、莉加さんの不貞行為は世の女性たちの反感を買うでしょう。でも、それをも見越して、志らくさんは一切をのみ込もうとしている。そんなように見えます」

志らくは親しい関係者には「妻が文春砲にやられた。泥酔していただけ。記事は間違いだらけと連絡しているそうです」(演芸関係者)。

「離婚は1億%ない」と断言

 志らくは、5日の「グッとラック!」の冒頭で「志らくごときのことで誠に申し訳ありませんが……」と断りを入れ、不倫報道に触れた。

「妻を信じているので、夫婦の絆が壊れることもありません。離婚することも1億%ございません」と断言した。

その理由は「家族だから。この程度のことで絆が崩れることはない」などと説明した。

本日の逸品

特大伝助あなご(1.5K)

KIMG0245

炭火焼きでどうぞ!

これだけの物はそうそう入荷できません。

近いうちにお越しください。