【カタカナ読みが多い】

3月31日(火)

皆さんこんにちは

今日で3月も終わりコロナウイルスで振り回された 3か月でした.

今日の記事

クラスター、オーバーシュート、ロックダウン・・

神奈川県知事も「コロナファイターズ」とコロナを応援してんるんか?「日ハム」か?

わけのわからん事言うてるし・・もし、言うんなら「コロナバスターズ」やろ

小池さん重大発表あるんかと思いきや

飲食店、バー、カラオケボックスに行くなやし、そんな事わかっとるわ

それよりも具体的な策を講じてもらいたい。

高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

公開日: 更新日:
伝わりづらい?(新型コロナウィルスについての会見をする小池都知事)/(C)日刊ゲンダイ

伝わりづらい?(新型コロナウィルスについての会見をする小池都知事)/

拡大する

 これはもっともじゃないか。河野太郎防衛相は24日の記者会見で、新型コロナウイルスに関する政府の説明に、カタカナ用語が多いと指摘していた。

確かに「ライブハウスでクラスターが起き、それがオーバーシュート、パンデミックにつながっていく。ロックダウンせざるを得なくなる」なんて言うより、「ライブ会場で集団感染が起き、それが感染爆発、世界的流行につながっていく。都市を封鎖せざるを得なくなる」と話した方が、理解されやすいはずだ。

河野防衛相は「『よく分からない』という声は聞く。日本語で言えばいいのではないか」などと言っていたが、おっしゃる通りで、緊急事態だというのに、国民、とりわけハイリスクな高齢者に伝わりづらい言葉を使うのは、いかがなものか。

ちなみにコロナウイルスは、中国語では「冠状病毒」と言うらしいが、まあ、コロナはコロナでいいだろう。要は相手に伝わるかどうかだ。

明大講師の関修氏(心理学)は「あくまで一般論ですが」と前置きしてこう言う。

「分かりにくい横文字を使いたがる人は、『私には専門知識があります』という優位性をアピールしたいわけです。それで自分を権威づける。乱暴な言い方ですが、相手に対して“上から目線”で『私には知識があるから従ってください』と、言外にプレッシャーを与えているわけです」
とはいえ、国民に分かりやすく説明するというのも、政治家の仕事じゃないか。もちろん、権威づけることで言葉に説得力を持たせることも、時には必要だろう。あまりに平易な言葉では、えたいの知れない緊急事態だという緊張感が伝わらないこともあり得る。

「その一方で、あまりに難解過ぎると、ただ単に不安や恐怖をあおる結果になり、パニック状態になった人たちによるスーパーでの買い占め騒動なんてことが起こるわけです。そのあたりのさじ加減、バランス感覚が肝心で、欧米の政治家はそれがうまい。平易な言葉を使っても、身ぶり手ぶりを交えることで緊張感を持たせることができる。パフォーマンスにたけています。その点、小池都知事は澄ました感じで、淡々と語るだけなので、緊張感が伝わりづらいということはあるかもしれませんね」(関修氏)

新型コロナウイルスも「正しく恐れることが重要」なんて言われるが、正しく恐れさせてくれる政治家が日本にはいないとしたら、国民にとっては不幸でしかない。

本日の逸品
本ししゃも
IMG_0768