【岡江久美子さん逝く】

4月25日(土)

皆さんこんにちは

今日の記事

びっくりしました。

乳がんで入院していたんだ・・

病院で感染していたんだろうか・

元気で明るいイメージがあったので

ガンの放射線治療をしている方には十分に注意が必要だ

岡江さんの「死」は他人事ではない

おしどり夫婦で有名…妻をコロナに奪われた大和田獏の悲痛

公開日: 更新日:
芸能界きってのおしどり夫婦(俳優の大和田獏さんと女優の岡江久美子さん夫妻)/(C)日刊ゲンダイ

芸能界きってのおしどり夫婦(俳優の大和田獏さんと女優の岡江久美子さん夫妻)/

拡大する

 朝の情報番組の司会や2時間ドラマなどで活躍し、お茶の間に親しまれた俳優の岡江久美子さんが23日朝、新型コロナウイルスによる肺炎で死去。享年63。所属事務所から発表された。

「衝撃的です」と芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「芸能マスコミの立場から申し上げると、岡江さんは、スキャンダルとは無縁の女優さん。ドラマ『天までとどけ』をはじめ、2時間ドラマなどで活躍され、NHKのクイズ番組『連想ゲーム』のレギュラー解答者、2014年まで17年にわたって司会を務められた朝の情報番組『はなまるマーケット』と、演技以外のところでも、すてきなお仕事をされていた。芸能取材のマイクの前に立たれることはまれでしたけど、嫌みがなく、いつも笑顔で、だからこそおなじ中高年世代を中心に親しまれた。感染も闘病も、何一つマスコミには伝わっていませんでしたので、突然の訃報に私も言葉を失いました」

 所属事務所によると、岡江さんは今月3日に発熱があり、自宅療養していたところ6日朝に容体が急変し、緊急搬送された都内の大学病院でコロナ陽性が判明、人工呼吸器などによる措置が取られたが、帰らぬ人となった。19年末に初期の乳がんの手術を受けて、ことしも放射線治療を受けていたことで免疫力が低下、それも重症化してしまった原因とみられている。

クイズ「連想ゲーム」で共演した大和田獏さん(69)と1983年に結婚、長女で女優の大和田美帆さん(36)は、15年に女児を出産している。岡江さんは初孫誕生でおばあちゃんとなり、推定3億円の都内「はなまる御殿」で夫と暮らし、人生の円熟期を幸せに過ごしていたところをコロナが襲った。

「岡江さんがお母さんの介護を理由に『はなまるマーケット』からの卒業を申し出たとき、岡江さんと薬丸裕英さんとのふたり一緒の司会でなければ番組は成立しないと判断されて、それで番組がエンディングを迎えたという話を覚えています。スタッフや関係者にも、愛された方だったのでしょう」(城下氏)

夫の大和田は、所属事務所を通じて娘の美帆と連名で「今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他は何も考えられない状態です。どうかそっと送って頂きたいと願っています」とコメント。

岡江さんと大和田は芸能界きってのおしどり夫婦として知られ、大和田は以前に日刊ゲンダイのインタビュー取材でプロポーズの言葉についてこう語っていた。

「一緒のお墓に入ってください」――。

最愛の妻に先に旅立たれた大和田の悲痛は察するに余りある。

岡江さんも、もし早期にPCR検査を受けアビガンを投与されていたら、結果は違っていたかもしれない。早急にPCR検査を行える体制と、治療に専念できる環境を整えなければ、犠牲者が続出することになりかねない。