【夏の高校野球大会中止へ】

5月21日(木)

皆さんこんにちは

今日の記事

今の3年生は可哀想だが

残念ながら仕方がない

冬季の高校ラグビー、サッカーも中止になるのかな?

甲子園中止は大正解 勝利至上主義に感染リスクと問題山積

公開日: 更新日:
「高校野球は教育の一環」と高野連の八田会長(代表撮影)

「高校野球は教育の一環」と高野連の八田会長(代表撮影)

拡大する

「あくまで高校野球教育の一環ということに照らし合わせると、中止を決定せざるを得なかった。球児の安心、安全に最大限配慮し、苦渋の決断であることをわかっていただきたい」

20日、夏の甲子園と各都道府県の地方大会の中止を発表した高野連の八田英二会長(71)は、何度も「教育の一環」という言葉を繰り返した。

しかし、高校野球が教育の一環なんてだれも思っちゃいないし、建前に過ぎない。春夏の甲子園はアマスポーツ界最大のイベントであり、甲子園を巡っては多くの人と巨額のカネが動く。例えば強豪校は甲子園を目指すために、全国の逸材を奪い合う。昨夏の甲子園は約6・6億円の収入があり、2・1億円もの剰余金(利益)が出た。高野連の収支報告書(2018年度)によれば、約18億円もの純資産を持っている。無観客でも開催できる体力はあるわけだから、中止になっても痛くもかゆくもない。世間では甲子園開催を求める声が多かったが、要するに主催者にはコロナ禍をはね返すだけの力も知恵もなかったということだ。

 高校野球は「甲子園がすべて」という図式が出来上がっている。

甲子園でヒーローになれば、多くのファンから注目され、かつての松坂大輔のようなスター選手が生まれる。活躍しなくても、甲子園に出ただけで進学や就職において有利になる。いまの3年生たちはそのチャンスがなくなったわけだから、ダメージは大きい。

プロ球界にとっても、甲子園は高校球児を評価したり、発掘したりできる格好の場。大観衆が見守る晴れの舞台でのパフォーマンスは、選手の実力を見極める大きな材料になるからだ。コロナ禍により、アマ選手の視察ができない状態が続いているプロのスカウトたちにとってはかなりの痛手だ。

が、甲子園の春夏連続の中止はマイナスばかりではない。問題だらけの高校野球の在り方を見直すいい機会になり得ることを考えれば、むしろプラスの方が大きいのではないか。

厳しい練習をやるイメージができない

コロナ禍による健康上の問題もある。

 地方大会は6月下旬から順次、開幕する。ただでさえ準備期間が短い上に、夏の暑い時期に体力を使い果たせば、免疫力が低下、コロナの感染リスクが高まるとの専門家の指摘もある。スポーツライターの安倍昌彦氏が言う。
「部活動自粛の中で、野球がない生活に慣れた高校生は多いかもしれません。ある高校の野球部員は『厳しく、緊張感のある環境に戻って、練習や試合をやるイメージができない』と言っていました。自主練習をやってきたといっても、通常の10分の1程度でしょう。心身共に野球がやれる状況になっていないのですから、これで地方大会、甲子園を強行すれば、多くのケガ人が出て、それこそ取り返しのつかないことになっていた可能性はあります」今回の中止は、災い転じて福となす格好の機会でもあるのだ。