【巨人に主力選手陽性】

6月4日(木)

皆さんこんにちは

今日の記事

症状がないのが一番怖い!

特に外出していないのに感染したようだ。

全選手に徹底すべきだ

巨人坂本、大城が陽性 “隠れコロナ”感染懸念も開幕強行へ

公開日: 更新日:
2日の試合で右犠打を放つ坂本とスタメンマスクを被った大城(C)共同通信社
2日の試合で右犠打を放つ坂本とスタメンマスクを被った大城(C)共同通信社

拡大する

 巨人は3日、坂本勇人(31)、大城卓三(27)に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した。検査の結果を受け、この日に予定されていた西武との練習試合は急遽中止に。2人は前日2日におよそ2カ月ぶりの対外試合となる西武戦に臨み、共にスタメン出場していた。

NPBの関係者によると、開幕日が6月19日に決定するにあたり、巨人と阪神が主導的な役割を担った。それだけに、球団を挙げて感染防止対策を徹底する姿勢をみせていたのは事実だ。

当初の開幕が延期となった4月に入ると、早々に選手、職員に「不要不急の外出禁止」を通達。報道機関へはジャイアンツ球場の取材自粛を要請した。個人調整期間を延長しながら、練習場所は同球場に限定。球場施設の利用時間を午前、午後に分け、一、二、三軍の選手のみならず、視察するコーチ陣もローテーションを組んだ。「密」を避けるため、職員にはテレワークを推奨。5月29日から3日間、選手、関係者ら希望者218人に抗体検査も行った。

そうやって感染防止に努める一方、開幕に向けた準備も着々と進めた。5月11日からは東京ドームで一軍練習を再開。球団は「あくまで個人調整で時間も短い。体を動かす程度の練習」と否定するが、さる球界関係者は「他球団と比べ、広島中日巨人の調整は進んでいた。楽天は3月30日から活動休止し、球団施設も閉鎖。5月8日になって40日ぶりに球団施設を使用しての自主練習を再開したのと比べると、感染予防に対する考えに違いがあったのは事実。セ球団は総じて開幕に前のめりだった」と見る。

■抗体検査で発覚、PCRでも陽性

坂本と大城は、球団が募った抗体検査で陽性が判明。2日の西武との練習試合後にPCR検査を受け、陽性判定が出た。球団によれば、2人に症状はなく、正常値ぎりぎりの「微陽性」との判定で、回復を示す抗体も確認されている。入院した2人がPCR検査で陰性が確認でき次第、チーム合流を目指すという。

巨人によると、検査前から2週間さかのぼって2人の行動を確認したところ、坂本も大城も知人やチームメートとそれぞれ1度だけ食事をした以外、外食も夜の外出もなかったという。それでも罹患するのが、このウイルスの怖いところだ。
専門家の中には、「選手全員にPCR検査を受けさせるべき」と言う意見もある。実際、プロ野球とJリーグによる「新型コロナウイルス対策連絡会議」でも、専門家チームから「選手を守るためにも検査を実施することが望ましい」と指摘されていた。プロ野球と一緒にコロナ対策を講じてきたJリーグは、2日にJ1名古屋の金崎が感染したのとは別に、独ブンデスリーガを参考にし、選手、スタッフ、審判ら約2340人について、2週間に1度のペースでPCR検査を受けさせることを決定した。が、プロ野球は斉藤コミッショナーが「検討していく」と言うにとどまっている。

「練習試合が始まったプロ野球では、ベンチでマスクをしていない選手も多い。リスク管理、感染予防の観点では万全とは言い難い。感染が拡大するようだと、再度の開幕延期、シーズンの中断も考えざるを得ないと思います」(前出の藤田氏)