【シルクドソレイユ破産】

7月3日(金)

皆さんこんにちは

今日の記事

 

演者も生活大変だ

新体操、体操選手の受け皿となって活躍の場を与えた

なんとか違う経営者で立て直しほしい。

「シルク・ドゥ・ソレイユ」破産…エンタメ業界の試行錯誤

シルク・ドゥ・ソレイユのロンドン公演(C)ロイター
シルク・ドゥ・ソレイユのロンドン公演(C)ロイター

拡大する

 カナダに拠点を置く世界的なサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」が29日、同国の破産法に基づき、会社更生手続きに入ると発表した。

「シルク――」は新型コロナの影響で、3月以降、各地の劇場公演を中止し、約9億ドル(約970億円)の債務返済ができなくなった。申請に伴い、ダンサーを含めスタッフのおよそ95%にあたる約4700人を解雇すると発表した。

1984年の設立以来、ショービジネス界をリードしてきた世界的パフォーマンス集団を襲ったコロナ禍だが、日本も決して対岸の火事ではない。

「ぴあ総研」によれば、コンサート、舞台、スポーツなど国内の「ライブ・エンターテインメント業界」は、新型コロナの影響による公演の中止・延期により、今年2月から来年1月までの1年間で、年間市場規模の8割弱を失うという。損失額は約6900億円。内訳は、最も多い音楽系が約3300億円、演劇系は約1600億円だ。

すでに公演中止で立ち直れないほどの経済的損失を被った劇団も多い中、女優・劇作家の渡辺えりさん(65)が文化芸術の支援を求める要望書を文化庁に提出したことは記憶に新しい。日刊ゲンダイのインタビューでも「文化芸術には金銭的な支援が必要。コロナで演劇を殺しちゃいけない」と訴えた。
本日の逸品
牛すじもつ煮込み
IMG_2902
新メニュー