【委託殺人事件】

7月28日(火)

皆さんこんにちは。

今日の記事

安楽死

日本では法律上認可されていない

SNS上のやり取りが現実のものになる

人助けか?殺人?

依頼した故人は生きるのが苦しかったのだろうと思うが・・

難病の不治の病なら自分は安楽死させて欲しいかもしれない。

ALS患者嘱託殺人 大久保容疑者の妻が暴露した“夫の裏の顔”

公開日: 更新日:
逮捕されJR京都駅に着いた大久保愉一容疑者(C)共同通信社
逮捕されJR京都駅に着いた大久保愉一容疑者(C)共同通信社

拡大する

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者の依頼を受け、主治医ではない医師2人が薬物を投与して殺害した嘱託殺人事件の動機は一体何なのか。京都府警は逮捕した医師大久保愉一容疑者(42=仙台市泉区)と医師山本直樹容疑者(43=東京都港区)の認否について明らかにしていないが、大久保の妻で元衆院議員の大久保三代氏(43)が夫の“裏の顔”を暴露し始めた。

逮捕容疑は昨年11月30日午後5時半ごろ、林優里さん(当時51)の京都市内の自宅マンションで、嘱託を受けた2人が殺意を持って薬物を投与し、搬送先の病院で急性薬物中毒で死亡させた疑い。捜査関係者によると、SNSを通じて林さんが大久保容疑者に「安楽死させてほしい」という趣旨の依頼をした形跡があった。24日の日経新聞によると、昨年1月初旬に林さんが〈作業は簡単だろうからカリスマ医師じゃなくてもいいです〉と安楽死を希望するツイートをし、大久保容疑者が〈訴追されないなら、お手伝いしたいのですが〉と持ち掛けたという。山本容疑者の口座には林さんから100万円以上の現金が振り込まれていた。

■妻の三代・元衆院議員「夫はアスペルガー症候群」

三代氏は23日午後、名取市で取材に応じ、「旦那はよくアルバイトで医療行為をやっていた」と説明。ブログでは〈夫はアスペルガー症候群〉と繰り返し、〈診療所廃業に伴う残務整理が終わって、必要な名義変更ができたら夫と離婚する〉とも書き込んでいる。24日に会見するという。

大久保容疑者は北海道出身で、弘前大医学部卒。厚労省の医系技官を務めた後、2018年に名取市で呼吸器内科・メンタルクリニックを開業。山本容疑者は泌尿器科が専門で、都内でクリニックを経営。共同研究を通じて知り合ったとみられ、電子書籍「扱いに困った高齢者を『枯らす』技術」の共著がある。大久保容疑者は匿名ブログに〈一服盛るなり、楽になってもらったらいい〉〈「今すぐ死んでほしい」といわれる老人を、大掛かりな設備もなしに消せる方法がある〉などと書き込み、安楽死を肯定する死生観をつづっていた。
本日の逸品
ハモと松茸の土瓶蒸し
IMG_2409
ハモの骨を焼いて出しをとってます!