【第5回半沢直樹】

8月16日(日)

皆さんこんにちは。

今日の記事

今晩の半沢直樹は

帝国航空(日航)とのステージになる

国土交通大臣役江口のりこの演技が見物だ

内容的には実に昭和な感じで面白い

「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

公開日: 更新日:
柄本明(C)日刊ゲンダイ
柄本明(C)

拡大する

 快進撃を続ける堺雅人(46)主演の連ドラ「半沢直樹」(TBS系=日曜夜9時)。16日放送予定の第5話からは「銀行対国家」という新たなステージに突入する。

柄本明(71)、江口のりこ(40)、筒井道隆(49)らが半沢の前に立ちはだかるようで、ネット上は早くも〈悪徳政治家 vs 半沢直樹〉〈半沢、頑張れ!〉とヒートアップしている。

 「前回までは主演の堺さんと、香川照之、市川猿之助、尾上松也、片岡愛之助さんら歌舞伎俳優陣の演技合戦が大きな話題に。ところが今回は柄本さん、江口さんの出演で、堺さんvs劇団東京乾電池の演技合戦となる。また、柄本さんと江口さんは初共演ということですから、お2人がどんな火花を散らすのか……楽しみで仕方ありません」と話すのは、芸能ライターのエリザベス松本氏だ。

■「安藤サクラと見分けがつかない」

 国土交通大臣・白井亜希子役として出演する江口は、「時効警察」シリーズ(テレビ朝日系)や、「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)、「コウノドリ」(TBS系)など、これまで多くのドラマや映画、舞台に出演。ただ、出演作は多いものの、いまだに〈江口のりこ安藤サクラの見分けがつかない〉なんて声がネット上に多いのも事実である。

「江口のりこ」でネット検索すると、候補として最初に「江口のりこ 安藤サクラ」というワードが出てくるサイトもあるほどだ。

「江口さんと安藤さんを比較すると、より個性的でアクの強い役が多いのが江口さんですかね。確かに2人は顔立ちは似ていますけど、差が出るのはトーク番組の出演時。江口さんは兵庫県出身で、トーク番組などでは関西弁で思ったことを歯に衣着せずズバズバ発言する。ぶっきらぼうに聞こえることもあるせいか、〈なんか性格強そうで怖い〉〈この人、苦手〉なんてコメントされてしまうことも」(ドラマ制作会社関係者)

フリートークでは好き嫌いが分かれてしまうとはいえ、江口の高い演技力は誰もが認めるところだろう。

「最近の江口さんの演技で印象に残っているのは、2019年公開の映画『愛がなんだ』。ガサツで周りに気遣いなど一切しない自由人の“すみれさん”を、自然体ながらひと目見たら忘れられないほど魅力的に演じていました。鑑賞中は『すみれさんと友達になりたい……いや、でもやっぱ疲れそうだから、遠くから見るぐらいでいいわ』と江口さんが出るたびに心が揺れ動くほどでした」

前出のエリザベス松本氏はそう言って笑う。

その江口が演じる白井国交相は、第4話の終盤に真っ白なスーツにハイヒール姿で登場。170センチの長身が映えていた。

大臣就任会見では手振りつきで「い・ま・じゃ・な・い」と、滝川クリステルか、もしくは蓮舫氏をイメージさせるようなセリフを披露し、〈江口さんは演技派だから、今後が楽しみ!〉〈クセ者感、すごい〉と早くもネット上を沸かせている。お化け視聴率を誇る「半沢直樹」に出演することで、視聴者の認識もより明確になるはず。根強かった〈江口のりこ安藤サクラは見分けがつかない〉説は、一掃されることになりそうな予感だ。

本日の逸品
ちりめん山椒ごはん
IMG_2587
仕上げにどうぞ!