【球児引退】

9月1日(火)

皆さんこんにちは。

今日から9月。

今年はコロナで何にも無く終わりそうです

今日の記事

お疲れ様でした。

ここまでよく頑張った。残り5セーブだが・・

藤川の引退発表は序章だ 阪神“大粛清”今オフついに始まる

公開日: 更新日:
引退は自ら直訴して決断した藤川(C)日刊ゲンダイ

引退は自ら直訴して決断した藤川(C)

拡大する

「なぜ今なのか」

阪神OBがこう疑問を呈した。

8月31日、阪神は日米通算245セーブをマークする藤川球児(40)が、今季限りで現役を引退することを発表。藤川は1日、引退会見を行う。球団によれば、藤川本人から引退の申し出を受け、これを了承したという。

藤川は今季11試合に登板し、1勝3敗2セーブ、防御率7・20と精彩を欠いていた。去る13日には右上肢(右腕)のコンディション不良で今季2度目の登録抹消、現在は二軍で調整中だ。

球団との話し合いの中で藤川は、年間を通じてコンディションを保つのが難しくなり、特にかつてトミー・ジョン手術を受けた右肘が手術を要する状態だと説明。今季は2度も二軍落ちするなどチームに迷惑をかけていることも苦慮しているそうだ。

その一方で、今季に関しては、名球会入りまで残り5セーブに迫る日米通算250セーブ達成もあり、9月中の一軍復帰を目指すという。今季はまだ折り返し地点。今後、一切投げないというならまだしも、復帰を視野に入れているのなら、なおさらシーズン終盤の発表でも決して遅くはない。この時期に引退を発表した理由について、別の阪神OBがこう解説する。

「実に藤川らしい身の引き方です。昨季はシーズン途中から抑えとして56試合に登板、4勝1敗、16セーブと活躍していた。しかし、谷本本部長が明かしたように、昨年春の時点で、昨季限りでの引退を申し出て、球団が引き留めていた。今季は2度も登録を抹消されるなど体はボロボロ、いよいよ本来の投球ができなくなった。

40歳の藤川が仮に右肘に再度、メスを入れれば、リハビリに長い時間を要するだけでなく、確実に復活できる保証もありません。かねて『結果がすべて』と語ってきた藤川は潔く身を引くことを決断するとともに、チームに優勝の望みがある以上、自身の去就で周囲を騒がせるのをよしとしなかった。今季2度目の登録抹消を受け、マスコミは引退じゃないかと騒ぎ始めていましたから」

球団が期待するコロナ禍の引退特需

 それでも藤川自ら引退を申し入れたことは球団にとって「渡りに船」との見方がある。在阪の放送関係者がこう話す。

「今年はコロナ禍により、阪神は50億円以上ともいわれる大幅な収入減となる。開幕当初は無観客開催、観客動員はいまも5000人上限が続いている。甲子園球場の入場料や飲食、グッズなどの物販収入は親会社である阪神電鉄に還元されるだけに、阪神電鉄としても頭が痛い。

さらに阪神電鉄の親会社である阪急阪神ホールディングスも、コロナ禍で鉄道の利用客が減ったことなどもあって2020年4~6月期決算は実に875億円もの減収になった。そんな中で球団の大功労者で人気も高い藤川の引退を公表すれば、今季の残り試合は藤川のグッズの売り上げなども含め少なからず引退特需が見込めます」

■福留、糸井、能見も…

さらには、阪神内で懸案となっているベテランの高給取りの処遇にも波及しそうだ。前出の阪神OBが言う。

「阪神は他球団と比べてベテランへの依存度が非常に高く、それぞれに高年俸を支払っている。2億円の藤川をはじめ、43歳の福留孝介、41歳の能見篤史、39歳の糸井嘉男という4人のアラフォー選手の合計年俸は8・25億円。それでも活躍すればともかく、今季は4人揃って成績が低迷している。昨年は功労者である鳥谷敬(現ロッテ)が引退勧告を受けて退団し、メッセンジャーは引退を決断した。今年は投手のリーダー格であり、大功労者である藤川が早々と身を引くのですから、糸井らの去就に大きな影響が及ぶのは必至です」

年俸1・3億円の福留は打率・169、1本塁打、11打点。年俸4億円の糸井は打率・228、1本塁打、12打点。年俸9500万円の能見は1勝0敗、防御率5・84。矢野監督としても、実績ある高給取りは故障でもしない限り、おいそれと二軍に落とすわけにはいかない。彼らはチームを牽引するどころか、むしろ優勝の足かせになっているのだ。

阪神は今オフ、損失を少しでも食い止めるために、選手のコストカットを進める方針。そのターゲットは必然的に大ベテランになる。今季が4年契約の最終年の糸井はもちろん、福留と能見は引退も視野に入れた話し合いが避けられないでしょう」(前出のOB)

藤川の引退発表はオフの大粛清の序章となりそうだ。

本日の逸品

チヌ(黒鯛)

脂あります!

KIMG0761

刺身、焼きにしても美味!