【坂本2000本安打】

11月9日(月)

皆さんこんにちは

今日の記事

右打者で最速、まだ32歳

張本の記録を抜くのは坂本しかいない!

巨人坂本2000安打!高校時代の恩師が語る「ヤンチャ時代」

公開日: 更新日:
史上53人目の通算2000安打を達成し記念のボードを掲げる(C)共同通信社
史上53人目の通算2000安打を達成し記念のボードを掲げる(C)共同通信社

拡大する

巨人坂本勇人(31)が、8日のヤクルト戦で日本プロ野球史上53人目となる通算2000安打を達成した。本拠地・東京ドームでの達成は球団生え抜きでは初。31歳10カ月は歴代2位。右打者での達成は最年少だ。

光星学院高(現・八戸学院光星高=青森)時代の恩師で、現在は明秀学園日立高(茨城)の金沢成奉監督が日刊ゲンダイに独占激白した。

「あのヤンチャなガキ大将が、まさかここまでの選手になるとは……夢は叶うんやなと。勇気、希望をもらえます」

感慨深げに振り返る金沢監督と坂本の出会いは2003年の夏だった。中学生だった坂本が所属するチームを訪ね、練習を見たのが最初だ。

「身のこなしが柔らかく、『プロに行く子だな』とピンときました。ただ、かなりヤンチャだっていうんです(笑い)。当時『ヤンチャな子は“更生学院”の金沢に預けろ』と言われていた」

金沢成奉氏は現在、明秀学園日立高の監督を務める(C)日刊ゲンダイ
金沢成奉氏は現在、明秀学園日立高の監督を務める(C)日刊ゲンダイ

拡大する

ノックを「死ねボケ!」と言いながら返球

 兵庫から青森へ“野球留学”。案の定、金沢監督は手を焼いた。

「最初の頃は授業態度も良くなくて、職員室に呼んで『プロに行ったとしても、野球以外のこともしっかりやらんヤツは一流になれんぞ』と諭すと、『そんなわけないやろ』とふてくされる。練習をさぼることはありませんでしたが、ノックを『死ねボケ!』と言いながら返球してきたり(笑い)」

高校1年の冬、正月休み明けに兵庫の実家から寮に戻ってくると、鼻にピアスをしていた。金沢監督は「それなら辞めろ」とその日のうちに実家に帰す一方で、父親とさまざまな策を講じて思い止まらせた。それも、今となってはいい思い出だ。

2000安打を達成するまでの選手に成長した理由を「反骨精神ですね」という金沢監督。「まだ通過点。あと10年間はやってほしい。3000安打を目指してもらいたい」とエールを送った。

(取材・文=増田和史/日刊ゲンダイ)

本日の逸品
牡蠣(カキ)
KIMG1013
カキのグラタン
IMG_1652 (2)
女性に人気の逸品です!