【意気軒高の共通点】

12月4日(金)

皆さんこんにちは

今日の記事

長年第一線で活躍人はパワー全開だな

特に女性は強い

松任谷由実&竹内まりや コロナ禍でも意気軒高の共通点

公開日: 更新日:
竹内まりや(左)と松任谷由実(C)共同通信社
竹内まりや(左)と松任谷由実(C)共同通信社

拡大する

 ユーミンこと松任谷由実(66)と竹内まりや(65)。シンガー・ソングライターとしてあまたの名曲を送り出してきた2人が、意気軒高である。

ユーミンはコロナ禍のことし、「パニックのような状態も味わいました」としつつも夏ごろには創作意欲を取り戻したそうで、39枚目のアルバム「深海の街」を12月にリリース、来年には全国ツアーも行うと発表した。

音楽業界はライブ開催が困難となり、大打撃を受けているなか、そうした関係者にエールを送るプロジェクト発表会にアンバサダーとして出演した際は「目に見えるものだけじゃない、それ以上のパワーがあるのがライブ。ぜひ、再び体験して」と強く訴えた。

また、このほど出演したTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で引退について質問されると、こう答えた。

「考えたことないです一度も。一度名前が出たからには逃げも隠れもできないのがショービズ。続けるにはどうしたらいいかばかり考えている」

ニューアルバムはほぼすべて自宅でのレコーディングだそうで、その暮らしぶりを公開した映像では、夫で音楽プロデューサーの松任谷正隆(69)から「その年にしてまだ伸びしろあるじゃないですか」と向けられて「うん、自分もそう踏んでた」と答えている。音楽漬けの毎日を過ごしているからか、とても充実した表情が印象的だ。

これに負けず劣らずの活躍を見せているのが、竹内まりや。キャリア初となる映像作品「souvenir the movie~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~」が発売初週にオリコン週間映像ランキングで1位になるなど、人気も健在。NEWSポストセブンは音楽プロデューサーで歌手の夫、山下達郎(67)とのプライベート姿をキャッチしたとして、中華料理店で上海蟹を味わった直後の姿を報じている。黒い帽子にマスクをつけてはいるが、そのスタイル、表情ともに若々しい。記事によると、一人娘は美大の日本画科を卒業し、30代半ばをすぎた現在はイラストレーターとして活躍中とのこと。まりやは山下について「大親友」とし、山下は「卒婚」について語ったりしているらしいが、公私ともに最良のパートナーであることに変わりはないようだ。
■パートナーの存在

ベテラン芸能記者、青山佳裕氏はこう言う。

松任谷由実さん、竹内まりやさんの傑出した才能は論をまたないでしょうけど、その才能を理解し、最大限引き出そうと協力してくれるパートナーの存在も同じくらい大きいように見えます。また、歴史を見ても、そうした才人には同時代に同じように傑出した才人がいて、ライバル関係になっていること。ユーミンが『真夏の夜の夢』をリリースした1993年、同時期に桑田佳祐が出したサザンの新曲『エロティカ・セブン』はユーミンに負けじと奮起したといわれたように、今またユーミンとまりやさんが高めあっているところもあるのでは」

才能だけじゃなく、それを引き出すパートナー、さらにライバルがいること。そのあたりに、いつまでも輝き続ける秘訣がありそうだ。

本日の逸品
シンプルに
南京たいたん(煮物)
IMG_2662
たまに食べるとおいしい!