【ようやく日本国籍取得】

12月12日(土)

皆さんこんにちは

来週から一気に寒くなる予報

今日の記事

これで心置きなく「引退」できるな

2年半もかかった。

日本国籍を取得しないと親方株が取れない、だからやめるにやめらない。

にしても、だらだら休むはいかがなものか?

横綱は休場すれば給料半減にするとか罰則を与えても良い思う

鶴竜の日本国籍取得で近づく見納め…夢は井筒部屋の再興

公開日: 更新日:
「やっとかという感じ。いい力士を育てて相撲協会に恩返しを出来るようにと思った」と、鶴竜(代表取材)
「やっとかという感じ。いい力士を育てて相撲協会に恩返しを出来るようにと思った」と、鶴竜(代表取材)

拡大する

 これで今後の不安はなくなった。横綱鶴竜(35)が10日付の官報で、日本国籍取得を告示された。

鶴竜は白鵬と共に、11月場所直後に横審から「注意」の決議を受けた。余裕の休場を繰り返している白鵬とは異なり、鶴竜は「腰椎すべり症」というバクダンを抱えており、本音を言えば1月場所も休みたかったはず。帰化がまだならば、それこそ悲壮な覚悟で本場所に臨んだだろう。

それが日本国籍を取得した現在、いつ引退しても親方になれる。腰に力が入らないすべり症では、無理をすれば親方人生に影響するケガを負いかねない。1月場所途中で引退発表となっても、なんらおかしくない。

鶴竜の夢は自身が入門した井筒部屋の再興。そのためには、将来的に「井筒」の株を取得しなければならない。

「井筒部屋は明治時代から続く伝統ある部屋。再興は協会にとってもありがたいはず。ただ、現在は時津風部屋の部屋付きをしている元関脇の豊ノ島が井筒親方を名乗っている。横綱は引退後、5年間は現役時代の四股名で親方になれるので、当面は『鶴竜親方』として所属する陸奥部屋の部屋付き。井筒親方が別の株を取得するのを待って、独立という形になるだろう。今は振分の名跡が空いているが、これは高砂一門の伝統ある名跡。一門外には流出させないはずなので、他の親方が定年退職するのを待つと思われる」(ある親方)

横綱鶴竜は来年1月場所で見納めか……。

本日の逸品

播磨灘産 カキが入荷しました!

KIMG1013

今回は少し大きいサイズです!