【丸山城志郎vs阿部一二三】

12月14日(月)

皆さんこんにちは

今日から寒くなります。

今日の記事

24分の紙一重の闘いだった

どちらが勝ってもいい試合

テレ東が途中で放送終了したのが解せない

阿部一二三が五輪内定で背負う“アンチヒーロー”の重圧

公開日: 更新日:
激闘を制した阿部一二三(代表撮影)
激闘を制した阿部一二三(代表撮影)

拡大する

 スポーツ紙は「死闘」と書いた。

13日、東京都文京区の講道館で行われた柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦。日本柔道史上初のワンマッチ形式で注目された一戦は24分間に及ぶ息詰まる攻防の末、2017、18年世界選手権王者の阿部一二三(23)が、19年世界選手権王者の丸山城志郎(27)を優勢勝ちで下し、自身初の五輪代表の座を射止めた。

延長20分すぎに大内刈り(技あり)が決まった瞬間、勝利を確信したように左手を突き上げた阿部はその後、関係者と抱き合って号泣。嗚咽しながらのインタビューでは「この試合に向け、たくさんの人が応援してくれて、支えてくれた。関わってくれたすべての人に感謝しかありません」と喜びを語ったが、試合を中継したインターネット放送の視聴者コメントでは、「まさに死闘。一二三、おめでとう!」と阿部を祝福する書き込み以上に目立ったのが、丸山の敗戦を惜しむ声の方だった。

■特別扱い

「神戸の神港学園高2年時の14年の講道館杯で史上4人目となる高校生優勝を果たした阿部は、直後の国際大会グランドスラム東京を男子史上最年少で制覇。柔道界のスター街道が約束された。東京五輪の金メダル最右翼といわれる女子52キロ級の妹の詩の存在もあってメディアの露出もダントツ。アンチが多いのは事実です。全柔連(全日本柔道連盟)やJOC(日本オリンピック委員会)も阿部人気を当て込み、特別扱い。18年、19年の世界柔道東京大会に向けた広報活動でギネス記録に挑戦する『世界一長いポスター』を制作した際も、そのポスターに“柔道の父”嘉納治五郎や“五輪2大会制覇”谷亮子らレジェンドと並んで、阿部きょうだいが起用された。強気で言動も派手な阿部に対して、丸山は寡黙な苦労人。周囲にチヤホヤされる阿部が、やっかみの対象になる材料は揃っています」(スポーツライター)

そうでなくても、柔道は五輪で金メダル獲得が至上命令とされる特殊な競技だ。阿部には史上初のきょうだいでの五輪制覇という特にメディアの無責任な期待も加わる。五輪本番で優勝を逃せば、アンチからの批判にもさらされるかもしれない。この日で東京五輪男女全14階級の代表が出揃ったが、阿部一二三は最も大きな重圧を背負い、武道館の畳の上に立つことになる。
本日の逸品
ぐじ(甘鯛)焼き
IMG_2403
骨は後でお出しで供します!