【大関は持ち回り?】

1月25日(月)

皆さんこんにちは

ようやく雨が上がりました

今日の記事

どんぐりの背比べ

「大関」と言う地位が軽く感じる

持ち回りの「当番制」みたいな地位になってきたように感じる

今場所は大栄翔が優勝したが来場所はどうか。

鶴竜は来場所で引退、白鵬も今年中には引退するだろう

朝の山に期待したけど・・

照ノ富士が来場所二桁勝って大関昇進を決め一気に横綱になるような気がする

大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

公開日: 更新日:
日本相撲協会の八角理事長から賜杯を受け取る大栄翔(C)共同通信社
日本相撲協会の八角理事長から賜杯を受け取る大栄翔(C)共同通信社

拡大する

 令和3年も平幕力士のVで幕を開けた。

24日に千秋楽を迎えた大相撲1月場所。2敗で単独トップに立っていた前頭筆頭・大栄翔(27)が隠岐の海を突き出し、自身初の賜杯を手にした。埼玉県出身としても、追手風部屋所属力士としても初めての優勝。インタビューでは、「(賜杯が)あんなに重いもんだとは思ってなかったので……びっくりしたけど、うれしいです、はい」と素朴な反応で観客を笑わせ、「自分の相撲を取り切るしかないと思い、迷いなくいけました」と語った。

■実力者不在の戦国時代

初日から役力士7人全員を撃破するなど8連勝。力強い突き押しで圧倒し、殊勲賞、技能賞を手にした。
スポーツマスコミは、「今の土俵は誰が勝つかわからない『戦国時代』」などと書く。実際、2018年1月場所から、計8人もの初優勝力士が誕生。平幕優勝も栃ノ心(18年1月)、朝乃山(19年5月)、徳勝龍(20年1月)、照ノ富士(20年7月)と計5人もいる。このうち、徳勝龍と照ノ富士は幕尻だ。

戦国時代といえば聞こえはいいが、それは裏を返せば上位陣のだらしなさでもある。休んでばかりの横綱は話にならず、大関は昇進した途端に勢いをなくし、粗製乱造と言われても仕方ないだろう。

相撲評論家の中澤潔氏は「テンポよく攻める大栄翔の相撲は素晴らしかったが」と、こう続ける。

「またも平幕優勝ということは、番付上位に見るべき相撲がないということです。つまり、番付不在と言ってもいい。形だけ横綱や大関の地位はあっても、幕内はほとんど実力差がないに等しい。2回物言いがついた11日目の正代隠岐の海戦ですが、私が見る限り、2回とも正代の負けです。あれは審判が両者の体勢などを考慮せず、『どっちの足が先に出たか』しか見ていないから、勝ちを拾えただけ。大関としての自覚があるならば、物言いのつく相撲ばかり取ってはいけません」

平幕にポンポン優勝を許している現在の大相撲において、横綱や大関といった地位は飾りでしかない。いまや幕内においては上位も下位もなく、番付の形骸化は深刻だ。

コロナ禍で稽古量が不十分なのは事実としても、それはここ1年足らずの話。なぜ、こうもドングリの背比べになってしまったのか。

前出の中澤氏が言う。

「正しい稽古をしていないのでしょう。基本に忠実に、ケガをしないことを念頭において体を鍛え、稽古に邁進するのが力士本来の姿です。しかし、現状は目先の勝った負けたばかりを追いかけている力士がほとんど。だからこそ、力が安定しないのです」

朝乃山は「稽古していないのと同じ」

 古株の角界OBは、「全体的な稽古不足」と前置きし、学生相撲出身の力士が増えたことを指摘する。

「学生相撲はトーナメント形式。つまり、一発勝負で、大相撲の本場所とは調整法が異なる。学生相撲のそれは、いわば『試験前の一夜漬け』。トーナメントは大体1日で終わり、その日のみ全力を出せればいい。大相撲の本場所は15日間もある。約半月、神経を研ぎ澄ませ、強さを維持しなくてはいけない。本場所直前の追い込みも大事だが、何より継続した稽古で強い体をつくらないと簡単にケガをしてしまう。学生時代の調整法に慣れきっている力士では、日々の稽古量もたかが知れていますよ」

 大関朝乃山は今場所前、幕下相手に15番、20番取って調整したという。しかし、「幕下相手に大関がいくら相撲を取っても稽古にならない。20番? そんなの稽古をしてないのと同じですよ」とは前出の中澤氏。その朝乃山も学生相撲出身だ。
「近年は何事も効率、効率の時代ですからね。『黙って四股を踏んでおけ』と指示しても、今の力士は稽古方法に納得がいかないとロクに動かない。ベテラン力士なら『量より質』でもいいが、若い力士は『質より量』という時期もある。昔の大相撲はそれこそ、へどが出るまで無理やり稽古をさせていた。誰かに強制されない限り、自分を追い込むのはなかなか難しいもの。その意味では、弟子に納得させた上で猛稽古をさせられない親方衆の指導力不足もあるでしょう」(前出の角界OB)

力士の大型化も無視できない。もっか幕内の平均体重は156キロ。160キロ台だった一時期に比べればまだマシだが、それでも巨漢のハワイ勢が出てきた前と後では、明らかに増加の一途をたどっている。稽古量不足の上に太ってばかりでは簡単にケガをしてしまう。もはや協会が掲げている「土俵の充実」とは真逆。左足首を負傷し、途中休場した大関貴景勝などは、175センチの上背に対し、183キロ。明らかに重量過多だ。

 ちなみに先場所の貴景勝の前の大関の優勝となると、17年1月場所の稀勢の里(現荒磯親方)まで遡る。今後は横綱大関が優勝するより、平幕が賜杯を手にする方が多くなりそうだ。