【鶴竜引退】

3月26日(金)

皆さんこんにちは

今日の記事

横綱候補が居ない

どれも団栗の背比べ

あえて挙げるなら照ノ富士が大関昇進してその勢いで横綱になるかもしれない

鶴竜引退で「横綱不在」秒読み…デメリットよりメリット大

公開日: 更新日:
「ほっとしている」と鶴竜(C)共同通信社

「ほっとしている」と鶴竜(C)共同通信社

拡大する

「何かから解放された、ほっとした気持ち。悔い? まったくありません」

25日、オンライン会見で胸の内を明かしたのが“元横綱”鶴竜(35)だ。

辞めろと言われるくらいなら、自分から辞めるということか。

横綱鶴竜(35)が春場所11日目の24日、現役を引退した。この日の理事会で承認され、今後は年寄「鶴竜」を襲名、後進の指導にあたる。

場所前の稽古で左太ももを肉離れ。今回で5場所連続休場だが、それでも本人は当初、現役に固執。それが急きょ、場所中に引退を決意したのは、場所後の横綱審議委員会(横審)を意識したからなのは想像に難くない。

 今後は5年間、しこ名で親方が務められる横綱特権を利用し、「鶴竜親方」として陸奥部屋で指導を行う。

これで横綱は白鵬(36)ただひとり。その白鵬も師匠を通じて「7月場所で進退を懸ける」とコメントを出している。古傷の右ヒザに再びメスを入れたように、もはや力士寿命は限界。引退も現実味を帯びており、横綱空位時代が訪れるのも時間の問題だ。

番付から横綱が消えたのは過去に2回ある。1度目は戦前の1931年。2度目は92年に北勝海(現八角理事長)が引退してから、曙が昇進するまでの5場所だ。それでも当時は曙や貴乃花といった将来有望な大関が控えていたものの、現在は大関以下ドングリの背比べ。近い将来、横綱になれそうな力士は見当たらない。

横綱は相撲協会の大看板。不在となれば、客足など興行面で大打撃だ。協会内からは2横綱を引き留める声は出ていないのか。

親方のひとりは「もちろん横綱空位は痛いですよ」と、こう続ける。

「しかし、1年間土俵に上がれないようでは看板としての務めすら果たせていません。横綱の給料は最低でも年間3384万円。あくまで最低額なので、2人合わせて7000万円以上の出費です。昨年度はコロナ禍による無観客や観客制限、巡業中止などが相次ぎ、50億円の大赤字。その上で、本場所に出もしない力士にこれだけの給料を払い続ける方がマイナスですよ。中でも白鵬は過去に万歳三唱や審判批判をするなど現在進行形で横綱の地位を汚し続けている。横綱不在のデメリットよりも、そうした横綱が土俵を去るメリットの方が大きいということです」

横綱といえば土俵入りが名物だが、特に白鵬のそれは協会や全国の好角家から「型も何も我流に解釈しすぎてメチャクチャ」と評判が悪い。

協会も横綱空位による人気、注目度の低下は織り込み済み。「出ない横綱」を2人も抱えるくらいなら、いない方がマシというわけだ。

現役引退の横綱鶴竜「井筒部屋」再興へ準備着々 かつての場所で相撲部屋建設、来年完成 

■大相撲春場所11日目=3月24日、両国国技館

5場所連続休場中だった大相撲の第71代横綱鶴竜(35)=陸奥=が春場所11日目の24日、現役を引退。優勝6回で横綱在位41場所は史上10位も、うち19場所で休場した。横綱として227日休場は歴代最多という不名誉な記録を作った。

昨年11月場所後、横綱審議委員会は引退勧告に次ぐ重さの「注意」を決議したが、年が明けて初場所も全休。進退を懸けた春場所直前の稽古中に左足太ももを肉離れし、休場の場所中に異例の引退表明となった。

芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「場所前から本人も悩んでいたと思うけど、誰が見ても分かる状況だったと思う。稽古ができていない。次の場所に懸けると言っても難しかったと思う。年齢も年齢だから。潮時といえば潮時」と労った。

今後は後進の指導に当たる。横綱は現役時代のしこ名のまま5年間は親方として残れるため、まずは年寄「鶴竜」を襲名するが、ゆかりの部屋を引き継ぐ準備は着々だ。

2019年9月に先代井筒親方(元関脇逆鉾)が急逝。弟子の鶴竜は元大関霧島が師匠の陸奥部屋に移籍した。かつての井筒部屋(東京都墨田区)は取り壊されて更地になったが、昨年末に なって「建設計画のお知らせ」が設置された。7階建ての「共同住宅(相撲部屋付)」と記され、建築主は先代井筒親方の未亡人。4月1日着工で、来年3月31日に完了予定となっている。

現在「井筒」の年寄名跡は昨年4月に引退した元関脇豊ノ島が借りており、いずれ先代の後継者にあたる鶴竜に返す約束だ。65歳定年から再雇用されている親方のうち、4人が5月までに期限の70歳を迎えることから、代わりの名跡探しには困らない見通し。

襲名のメドが立ち次第、鶴竜が井筒部屋の再興を託されるとみられる。(塚沢健太郎)

本日の逸品
淡路産 天然桜鯛
IMG_3030
脂ののり申し分ない!
何しても(どんな調理)美味!