【松山マスターズ初優勝!】

4月12日(月)

皆さんこんにちは

今日から20時までの時短営業となります(5月5日まで予定)

ご不便をおかけしますが宜しくお願い致します。

当分の間「本日の逸品」はお休みいたします。

今日の記事

10年越し悲願の初優勝!

ゴルフはしないが感動した!

難しいコースを落ち着いてプレーした

今まで意外だったのがコーチをつけてなかったことだ。

新しいスタッフ陣で「チーム松山」は快挙を成し遂げた!

ゴルフを始める子供が増えるな

松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

公開日: 更新日:
グリーンジャケットを着て、トロフィーを手に笑顔の松山(C)ロイター

グリーンジャケットを着て、トロフィーを手に笑顔の松山(C)ロイター

拡大する

【マスターズ】最終日

日本人男子初のメジャー優勝に向けて松山英樹(29)は昨年から着々と準備を進めていた。

その一つがコーチだ。

これまで米ツアーの著名なコーチにアドバイスを求めることはあっても、特定のコーチに指導を受けることはなかった。「自分のスイングを始動からフィニッシュまで100分割でき、その一コマ一コマをすべて理解して説明できる」(関係者)というぐらいスイングオタクだ。だから、コーチをつけなくても、自分で考えてスイングづくりに取り組んできた。

しかし、米ツアー本格参戦4年目の2017年8月の「WGCブリヂストン招待」で米ツアー5勝目を挙げてから、勝てない日々が続いた。

自分だけで理想のスイングを追い求めることに限界を感じ、メジャータイトル取りにコーチの重要性も感じていた。

昨年11月、女子プロの河本結を指導する目沢秀憲(30)と出会い、初めてコーチ契約を結んだ。

日大ゴルフ部出身の目沢氏は米国で、日本に数人しかいないレッスンプロTPI資格(レベル3)を取得。得意のデータ分析と選手の話をじっくり聞く方針に松山は信頼を寄せた。

「自分の考えが正しい」というトッププロとしてのプライドを持つ松山は、同時に完璧主義者で頑固な一面もある。自分のミスを許せないことで心の浮き沈みが激しくなり、プレーに悪影響を及ぼしていた。

17年ブリヂストン招待優勝の翌週に行われた全米プロ選手権の時だ。最終日に一時トップに立ちメジャータイトルに近づいたが同組のJ・トーマスに惜敗。5位に終わり、人目もはばからずに号泣したのは心の弱さの表れでもあった。

あれから4年。10度目のマスターズで3日目に単独トップに立った松山はこう言った。

「3日間はあまり(心に)波を立てることなく、怒らずにできた。明日もそういうことが大事になる。それができればチャンスがある」

松山にメンタルトレーナーはいない。目沢コーチの話を聞いたり、自分の考えを素直に語ることで、心に変化が起きたと考えられる。ミスショットにいら立つことがなくなったのは、現状を受け入れ、気持ちを切り替える術を無意識のうちに身につけて、それが悲願のマスターズ勝利に導いたといえる。

■ライバルメーカーのクラブ調整スタッフを引き抜き

2つ目はゴルフメーカーの強力なバックアップだ。

松山はスリクソンブランドの住友ゴム工業(ダンロップ)と契約しているが、ドライバーに関してはこれまでテーラーメイド、キャロウェイ、ピンと外国ブランドのドライバーを手にして戦っていた。

ヘッド形状に神経質で、アドレス時の見た目を重要視する。メーカーがスリクソンの新作ドライバーを持参しても、ボールを打つどころか、アドレスからヘッドを動かした時に「ソールが芝にこすれる感じが嫌」と使わなかったこともある。

しかし、今の松山はスリクソンドライバーを手にして、タフなオーガスタ・ナショナルGCを制した。

住友ゴム工業は、「もっと飛ばしたい」という松山の要求を聞き入れてクラブ開発に取り組み、実はライバルのテーラーメイド社からクラブ調整スタッフをヘッドハンティングし、松山のギア担当につけたほどだ。

新たなスタッフが松山のサポートチームに加わり、それが世界のトッププロたちがスコアメークに苦労する大舞台の最終日に崩れないゴルフを支えた。

チームのメンバーと喜びを分かち合う松山(C)ロイター

チームのメンバーと喜びを分かち合う松山(C)ロイター

拡大する

低迷する男子ツアーに追い風、ゴルフブームの再来も

 松山のメジャー優勝は日本のゴルフ界には明るい材料となる。

低迷する男子ツアーも注目されるチャンスだ。

それは渋野日向子(22)がメジャーの2019年全英女子オープンに勝った後の国内女子ツアーを見ればよくわかる。

渋野が全英から帰国してから国内13試合に出場し、観客動員数は前年比7万9482人も増えたのだ。

10月の日本女子オープンは前年より2万663人増の4日間4万6165人。

9月の日本女子プロ選手権も前年より1万5781人増の同3万5719人と、会場にはメジャーチャンピオンのプレーを一目見たいとギャラリーが殺到した。

松山は米ツアーが主戦場のため国内ツアー出場試合は限られるが、16年大会に勝った日本オープンや、スポンサー契約を結ぶダンロップフェニックスに出場すれば多くのゴルフファンが押し寄せることになる。

さらに、コロナ禍の現在は、「密になりにくい」との理由から、全国のゴルフ場に初心者の若者が急増している。

松山のメジャー優勝に刺激を受けて、AON以来、ひさしぶりにゴルフブームが到来するかもしれない。今回のマスターズ優勝は、そんな日本ゴルフ界に希望の光をもたらすはずだ。