【電波少年】

6月3日(木)

皆さんこんにちは

☔模様

今日の記事

WOWOWの無料放送があり「電波少年」をやっていた

松本明子、松村邦洋、T部長が出ていてその頃の話をしていた

無茶苦茶な番組だったと思う。「猿岩石」も幾度なく死を思った事だろう

今では考えられない時代だった

有吉弘行に「電波少年」は黒歴史 毛嫌いする「2つの理由」

公開日: 更新日:
猿岩石(C)日刊ゲンダイ

猿岩石(C)日刊ゲンダイ

拡大する

 テレビのバラエティー番組でその姿を見ない日はなく、最近はフリーアナの夏目三久(38)を妻にめとり、まさにこの世の春を謳歌している有吉弘行(47)。

その有吉がいまも己の黒歴史と認定し、テレビでも語ることをかたくなに拒否しているのが、実はデビュー作にして出世作ともいえる「進め!電波少年」(日テレ系)だという。かつて有吉がお笑いコンビ“猿岩石”としてユーラシア大陸をヒッチハイクで横断。一時期はアイドル並みの人気を誇ったことは誰もが知る話だが……。

■T部長とは疎遠状態に

「それこそ『電波少年』でお馴染みのT部長とはかつて番組で共演していますが、いま、T部長が番組復刻版企画や当時の思い出を別番組やネット番組などでオファーしてもスルーされているんです。なんでも有吉は『日テレのレギュラー番組を全て降板させられても“電波少年”にだけは関わりたくない』と断言しているそうです」(芸能関係者)

事実、有吉は「櫻井・有吉 THE夜会」(TBS系、5月27日OA)でもT部長を筆頭とする当時の番組スタッフらを毛嫌いしていることを明かしている。

「有吉は桜井翔やゲストの出川哲朗に『ほんと気分悪いです。あの人たちがちょっとでも“俺があいつを(売れっ子にしてやった)”とだけは言わせたくない』と断言しました。とにかくあの嫌い方はハンパじゃない」(前出の芸能関係者)

有吉が「電波少年」をここまで毛嫌いする理由は想像に難くない。

「いまでこそ笑い話にしているが、本来ならコンプライアンス的に全てアウトな企画をそれこそ命懸けでやらされているんです。プライドや人権なんて完全無視です。そもそも、いきなりアイマスクとヘッドフォンを着けられ企画のスタート地点に連行されT部長から『この企画、やりますか? やりませんか!?』と迫られたらやるとしか言えない。25年前の話だとしても、とにかくムチャクチャだったんです」(前出の芸能関係者

有吉弘行(C)日刊ゲンダイ

有吉弘行(C)日刊ゲンダイ

拡大する

擦り寄ってきた番組スタッフの態度に怒り

 もうひとつ、有吉がいら立ちを隠せない理由があるという。自分が再ブレークした途端、擦り寄ってきたかつての番組スタッフの態度だという。

「このいら立ちが『櫻井・有吉 THE夜会』で発した『俺が売ってやった』と言うスタッフに対する露骨な怒りです。『電波』のスタッフの多くは今や、冷や飯を食わされている。制作現場に残っているのはほんの一握り。だから、売れっ子の有吉を利用して、過去の夢よもう一度とばかりに番組を作りたいわけです」(制作関係者)

もっともいまや有吉はテレビ界にとっては超VIP。当然、有吉の希望の方が最優先されるわけだ。

「もはや、有吉の方が立場が上なんです。有吉がNOならNOです。現在、WOWOWで放送されている『電波少年W』も本来なら日テレでやりたかったはずなんです。しかし、日テレ上層部は有吉の気持ちを忖度し制作を見送ったと言ってもいい。WOWOWのトップは日テレから送り込まれた人物です。当然、T部長もいまの有吉には直接、会うこともかなわないと思います」(事情通)

テレビ界において、かつての「電波少年」スタッフらと完全に立場が逆転した有吉。有吉企画のリベンジ番組を当時の元スタッフらに課してみてはどうか。