【報ステに大越氏】

7月11日(日)

皆さんこんにちは

九州南部が梅雨明け宣言

近畿ももうすぐだ!

今日の記事

NHKの大越さんは昔から好きだ

的確な表現で分かり易く説明してくれる

テレ朝「報ステ」は間違いなく視聴率アップだ!

テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

公開日: 更新日:
大越健介氏(C)日刊ゲンダイ
大越健介氏(C)日刊ゲンダイ

拡大する

 視聴率もグンと跳ね上がるのではないか。

6月30日にNHKを退局した大越健介氏(59)が、10月からテレビ朝日系「報道ステーション」の新たなキャスターを務めることが発表された。

大越氏は東大野球部出身で、政治部やワシントン支局長などを経て、2010年3月から5年間、「ニュースウオッチ9」のキャスターを務めた。「近所に住む人当たりのいいおじさん」的な雰囲気と淡々とした語り口が好評で、茶の間の人気を集めた。

大越氏は「報道ステーションの責任ある一員として仕事ができることを、心から光栄に思っています」とコメント。初代キャスターを務めた久米宏氏(76)、2代目の古舘伊知郎氏(66)以降、パッとしなかった番組だけに、大越氏の登場は期待できそうだ。

有働由美子(左)と井上あさひ(C)日刊ゲンダイ
有働由美子(左)と井上あさひ(C)日刊ゲンダイ

拡大する

 となれば、欠かせないのが「相方」だろう。大越氏のコメントを受け止め、的確に切り返せる女性アナウンサーの存在だ。テレ朝は他の出演者については、現在のメンバーが中心になる予定――としているようだが、大越氏と聞いて思い浮かぶ「相方」は「ニュースウオッチ9」で一緒だったNHKの井上あさひアナ(39)だ。大越氏とともに同番組を卒業後、京都放送局に異動。露出が大きく減ったため、お茶の間に「あさひロス」なる造語も生まれた。

現在は東京に戻り、日曜討論の司会を務めているものの、かつてほど露出がない。オリコン主催の好きな女子アナ上位ランクの常連だった井上アナだけに、まだまだ活躍の場が欲しいはず。「報ステ」にとってもマイナスはない。かつて「ニュースウオッチ9」でタッグを組んだ大越氏が声を掛ければ気持ちが傾くのではないか。

同じ時間帯の報道番組では、NHK出身の有働由美子(52)が、日テレ系「news zero」でキャスターを務めている。状況によっては「NHK出身女子アナ対決」も話題になるかもしれない。