【ロコ・ソラーレ】

9月13日(月)

皆さんこんにちは

今日の記事

あれからもう3年が経った

北見のロコ・ソラーレが北京オリンピックの出場権代表に決まった

また、「そだね~」、「もぐもぐタイム」が見られるか?

カーリング女子ロコ・ソラーレが世界最終予選進出も…北京五輪切符にはまだまだ難敵が

公開日: 更新日:
北海道銀行に勝って喜ぶロコ・ソラーレのメンバー(代表撮影)
北海道銀行に勝って喜ぶロコ・ソラーレのメンバー(代表撮影)

拡大する

 崖っぷちからの大逆転だった。

2020年日本選手権優勝のロコ・ソラーレ(以下・ロコ)と今年の同大会Vの北海道銀行(以下・道銀)の戦いは第5戦までもつれ、ロコが2連敗から3連勝。接戦を制して12月の世界最終予選(オランダ)にコマを進めた。

インタビューではメンバー全員が涙、涙。スキップの藤沢五月(30)は「(勝負を決める最後の1投は)本当に緊張しました。北海道銀行さんや他のチームの思いも抱いて、次の大会にしっかり臨んでいきたいです」と言った。

5月の世界選手権(カナダ)は道銀が5勝8敗の成績で1次リーグ敗退(11位)。上位6位までに入れず五輪切符を獲得できなかった。ロコが北京五輪に出るには、9カ国が出場する世界最終予選で3位以内が条件となる。

18年平昌五輪で、男女通じて史上初のメダルを獲得したロコ(当時はLS北見)は、北京で2大会連続のメダルを狙っているが、最終予選には前回五輪で銀の韓国や4位のスコットランド、強豪のドイツも出てくる。五輪への出場は容易ではない。

■3位以内が条件

関係者が言う。

「世界選手権は中盤の5連敗がすべて。特にドイツ戦が痛かった。相手はコロナ感染者が出たことでメンバーが3人。スイープ(ブラシで氷上を掃きストーンの速度や方向を調整)で消耗しているのに延長の第12エンドで競り負けた。スキップの吉村(紗也香・29)はこの日も2点取れる第4エンドで大きなミスをした。世界選手権の時も『ロコの藤沢なら』と思わせるミスが多々あった。道銀は世界選手権2位のRCF(ロシア連盟)や3位米国とは1点差負け。カーリング王国のカナダには勝っている。ロコも五輪のメダル候補に実力で大きく劣っているわけではない。最終予選は韓国、スコットランド、ドイツと日本の4カ国で3枠を争うことになるはず。ロコなら3位以内は確保してくれると思いますが……」

カーリングは1998年長野五輪から正式競技になり、女子は6大会連続で出場している。前回五輪で「もぐもぐタイム」が話題になり、初のメダルで国民を沸かせたロコ。北京の切符を逃すわけにはいかない。