【ハンカチ王子 引退】

10月2日(土)
皆さんこんにちは
今日から「本日の逸品」再開します
よろしくお願いいたします。
今日の記事
祐ちゃん引退
契約時に退団時の事も交わしていたのだろう。
喋りが上手くない無いので芸能人は無理だろう
日ハム斎藤佑樹ようやく引退の舞台裏…水面下でTV局による争奪戦も
公開日: 更新日:
引退発表後に取材に応じ、ポーズをとる斎藤(代表撮影)
引退発表後に取材に応じ、ポーズをとる斎藤(代表撮影)

拡大する

 引退しますと言われても、まだ現役でやっていたんだというのが、ファンの正直な感想ではないか。

1日、引退が明らかになった日本ハム斎藤佑樹(33)。

入団1年目に6勝、2年目に5勝したものの、それ以降は鳴かず飛ばず。昨年、今年と、一軍では一度も登板していないのだから。

「昨年10月に内側側副靱帯断裂と診断された右肘はだいぶよくなってきたのですが、今度は右肩痛が深刻で引退を決断せざるを得なかったのでしょう」と、日本ハムOBがこう続ける。

「早実時代に夏の甲子園で優勝、ハンカチ王子の異名をとり、人気や知名度がある。ファームでも腐らず、まじめに練習していましたからね。戦力にならないからといって球団が引導を渡してしまえば、球団のイメージが悪化しかねない。親会社は主に主婦層が顧客だけになおさらです。切るに切れないというか、ここ数年は、斎藤の方から辞めると言ってくるのを待っていたフシすらあります」

それでも、ここ9年間でわずか4勝(12敗)の右腕は、今季1250万円もの年俸を手にしていた。その間、斎藤よりもはるかに若い選手たちがクビの憂き目にあっていたことを思えば、球団には感謝の気持ちしかないだろう。

本人は今後について聞かれ、「いますぐに何かというのはまだ考えていませんけど、ファイターズや自分がいままで育った環境に恩返しがしたいなと思う」と話したが、「とりあえず球団には残らないと聞きました。キャスターとしてなのかどうか、水面下では複数のテレビ局が獲得に乗り出しているそうですから」とは前出のOBだ。

本日の逸品

久しぶりの一回目は

戻りがつお 宮城沖  4Kサイズ

KIMG0155

鮮度抜群!!

叩き、お造りで!