【ア・リーグMVP!】

11月19日(金)

皆さんこんにちは

今日の記事

満票でMVP!

当然やけどね

大谷翔平“満票”でア・リーグMVP! 年間副収入もすでに約7億円でメジャーNo.1の稼ぎ

公開日: 更新日:

満票はアでは14年の同僚トラウト以来

MLB番組で受賞の喜びを語る大谷(「MLB.com」から)
MLB番組で受賞の喜びを語る大谷(「MLB.com」から)

拡大する

 今季のメジャーで最も活躍した選手であると同時に、最も副収入の多い選手でもあった。日本時間19日、ア・リーグMVPに選ばれた大谷翔平(27=エンゼルス)のことだ。

全米野球記者協会会員(BBWAA)30人による投票で、大谷は満票を得て、2位ゲレロ、3位セミエン(ともにブルージェイズ)に大差をつけて栄誉を手にした。日本人選手による選出は2001年のイチロー(マリナーズ)以来2人目で、満票での受賞はア・リーグでは14年の同僚トラウト以来、7年ぶり11人目の快挙である。

専門局MLBネットワークの番組にリモート出演した大谷は「すごくうれしい。投票してくれたBBWAAの記者の皆さん、監督、コーチ、トレーナーや支えてくれた皆さんに感謝したい」と喜びを口にした。

今季の大谷は投手として23試合に登板して9勝2敗、防御率3.18。打者では打率.257、46本塁打、100打点、26盗塁。ベーブ・ルース以来となる「2ケタ勝利と2ケタ本塁打」達成はならなかったが、ゲレロらと最後までア・リーグ本塁打王争いを演じた。投打の二刀流にわたる歴史的な活躍が評価され、選手では史上16人目のコミッショナー特別表彰を受賞した。

経済効果は日米合わせて250億円超え!

無敵の二刀流!(C)ロイター/SA TODAY Sports
無敵の二刀流!(C)ロイター/SA TODAY Sports

拡大する

 ルックス、立ち居振る舞いを含め、全米を魅了した二刀流を広告業界が放っておくはずがない。日本時間17日には仮想通貨取引所のFTXとパートナーシップ契約を結んだばかり。この他にもスポーツ用品や飲料メーカー、航空会社や銀行、アパレル企業ら計11社とスポンサー契約を結んでおり、今年7月に米経済誌「フォーブス」が発表したスポンサー収入ランキングによれば、野球のサラリー以外の稼ぎは約6億8500万円。ハーパー外野手(フィリーズ)の約5億7200万円、ブライアント内野手(カブス)の約4億円を抑えてメジャー最高額だという。

大谷が契約したFTXは米プロバスケットボールNBAのスーパースターであるステフィン・カリーもパートナーに名を連ねており、米広告関係者の話を総合すると、契約金は約2億円。仮に大谷がカリーと同額なら、現役時代のイチロー(マリナーズ)の副収入をも上回るとみられる。

二刀流がもたらす経済効果もケタ違いだ。関西大学の宮本勝浩名誉教授による算出では、MVP獲得による今後1年間の経済効果は日米合わせて約251億9247万円。同教授は「一人のスポーツ選手がもたらす経済効果としては空前絶後の金額」としている。

日米の経済を潤す大谷はグラウンド内外のMVPと言ってよさそうだ。

本日の逸品

ギンガメアジ(メッキ)

KIMG0903

シマアジに近い味です!