【現金で】

12月16日(木)

皆さんこんにちは

私の今年の字は「痛」です

右半月板損傷、左足首の複雑捻挫、扁桃腺腫れる、今日はぎっくり腰ような激痛がはしって腰が曲げれない

どうしよう。ロキソニン飲んでも痛みがある

年末にこんな事なるんやろう

今日の記事

最初からそうすれば良かったのに。

本当は一律配った方が良い

クーポン券なんか配るより全員一括20万給付か、消費税減税のほうが国民は歓迎する

公開日: 更新日:
「金」に振り回された一年(代表撮影)

「金」に振り回された一年(代表撮影)

拡大する

 今年の漢字が「金」と発表された。東京五輪のメダルからのイメージであることは間違いないが、ああそうか河村名古屋市長が噛んだのも「金」だし、「給付金」やら「選挙資金」がニュースを騒がしたからその意味もあるのかと思ったら、そこまでいろいろかけてはいないらしい。

しかし今は「金」といえば「給付金」だ。現金一括なのか、半分クーポンなのか。目まぐるしく方針が二転三転し、各自治体は混乱の極みだ。

つい先日、岸田総理が「自治体が希望すれば、全額現金給付も選択肢の一つ」と容認する考えを打ち出した。与党内からも批判が上がり、国会で高市早苗氏の質疑に答えた格好だ。ここにも「聞く力」だ。

しかし岸田さんあっちもこっちも聞きすぎるんじゃないですかね。絵に描いたような「朝令暮改」。学生時代に古事成語で習った時は、遠い昔の中国の話だと思っていたが、現在の日本でもあったんだね。

そもそも最初の話ではコロナ禍で経済的に困窮している国民を救う給付金であったはずだ。それがいつの間に子育て支援の名目になったのか。ここがわからない。公明党が選挙の公約にしていたから、岸田さん公明党の声を聞いて顔を立てたのか。

そこからいつの間にか現金5万円クーポン5万円という話になった。素人目に見てもこの配布は相当面倒くさい。1回で10万円振り込むのと、2回に分けてしかもクーポン。対象業種は何で、印刷は誰が、コールセンターもつくる。案の定それだけに900億円以上の無駄な税金が投じられる。

全額給付すると貯蓄

に回って経済が動かない、というのが理由らしいが、ちょっと待ってくれ。困窮している国民を救うのが目的じゃなかったのか、貯金ぐらいさせてくれよ。だいたいクーポンでは家賃も税金も払えない。共産党田村智子氏が言っていた「誰もクーポンなんか望んでない」、まさにその通りではないか。誰得かといえば、政党の支持母体の一部の中小企業、クーポンに関わる役人OBの仕事が増える、それだけではないか。

現金はあくまで金、いつか使われる日は来る。しかしクーポンは紙切れ、逆に使い忘れてタンスの肥やしになるのではないか。

しかもいち早く対応した自治体はクーポンで準備していて「現金も認める」と今頃言われても遅い。

ある区では一括現金なら経費は500万円ぐらいだが、クーポンになると1.7億円にもなる試算が出たという。これはもう江戸幕府が諸大名の力をそぐために参勤交代させていたのと同じで、各地方自治体の金を使わせるいじめではないか。

「大人を潤わせれば自然と子供も潤う」というれいわの大石晃子氏の国民全員一括20万円給付というのがいいのだが。

あるいは消費税減税、そのほうが混乱少ないでしょ。

ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

本日の逸品

鰈(かれい)のお造り

 

KIMG0083 SANY0191