【M-1歴代最年長V!錦鯉】

12月21日(火)

皆さんこんにちは

<年末年始のお知らせ>

12月30日(木)まで

1月5日(水)より営業いたします

今日の記事

レベルの高い大会だった

誰が優勝してもおかしくなかった

M-1歴代最年長V!錦鯉「50男」の漫才バカ一代 ラリー遠田氏「長谷川さんの人間力が制した」

公開日: 更新日:
M-1グランプリ2021で優勝した錦鯉の長谷川雅紀(左)と渡辺隆(C)M-1グランプリ事務局
M-1グランプリ2021で優勝した錦鯉の長谷川雅紀(左)と渡辺隆(C)M-1グランプリ事務局

拡大する

 漫才日本一を決める「M-1グランプリ2021」(ABCテレビ・テレビ朝日系)の決勝戦が、19日生放送され、前回より約1000組増えた史上最多の6017組のエントリーの中から「錦鯉」が17代目王者の栄冠を手にした。

 長谷川雅紀(50)と渡辺隆(43)のコンビ。結成10年目。昨年の決勝では4位に沈んだが、見事、雪辱を果たした。

 ファイナリストに勝ち残った9組のうち5組が初進出。ファーストラウンドは、これに敗者復活戦を勝ち抜いた「ハライチ」を加えた10組で争われたが、665点で1位通過したオズワルドに続き、錦鯉は、インディアンスと同点(655点)の2位で通過。上位3組で争われた最終決戦で、7人の審査員のうち5人が錦鯉を選んだ。

1本目は「合コンのネタ」、2本目は「街中に逃げたサルを捕まえるネタ」だった。どれも長谷川の年齢ネタや“バカさ”を渡辺が強烈にツッコむ展開で、会場を大いに沸かせた。

「今回、初ファイナリストも多かったですが、非常にレベルの高い戦いでした。審査員も相当悩んだようですが、最後は50歳という年齢ながら、諦めずに漫才に人生をかけてきた長谷川さんの人間力が制したという感じでしたね」

■非吉本芸人は07年のサンドウィッチマン以来

確かに結成年月は浅いが、30年近いキャリアを持ちながら、なかなか芽が出なかった。そんな長谷川の才能(バカさ)が爆発した瞬間だった。

■「魂は年をとらない」

 会見ではコンビ結成は、渡辺が33歳、長谷川が40歳の時だったと明かされた。渡辺は「夢のようです」、長谷川は、松本人志の言葉だという「魂は年をとらない」を引き合いに出し「オジサンだからと諦めないで頑張ってきてよかった」と語った。まさに近著「くすぶり中年の逆襲」のタイトルのまま、全国のオジサンに大いに勇気を与えた優勝となった。

本日の逸品

めばるの煮つけ

IMG_0501

IMG_0540

眼張はこの調理法が一番合う!