【留学生無しで優勝!】

12月27日(月)

皆さんこんにちは

今朝も冷え込みました

年内30日まで営業します

今日の記事

高校スポーツは「留学生」を入れるかどうかで勝敗の差が決まってくる

特にバスケ、バレー、ラグビー等体格が物言う競技は尚更のこと

今回の女子駅伝の仙台育英はアッパレ!だ

全国高校駅伝はアフリカ人留学生1人だけでは勝てない時代に 日本人がレベルアップ

公開日: 更新日:
仙台育英は日本人選手で圧勝(C)共同通信社
仙台育英は日本人選手で圧勝(C)共同通信社

拡大する

 毎回、外国人留学生の起用が問題になるこの大会。26日に京都で行われた。女子は「助っ人」なしの仙台育英(宮城)が2年ぶり5度目(歴代最多)の優勝を果たした。

男子は3区でケニア人留学生が走った世羅(広島)が2時間1分21秒でゴール。2年連続11度目(歴代最多)の頂点に立ったが、38秒差の2位だった洛南(京都)の2時間1分59秒は留学生なしのチームでは高校最高記録。昨年同校が樹立した記録を8秒更新した。

高校駅伝に外国人留学生が登場したのは1992年から。ケニア在住の代理人・小林俊一氏が仙台育英に送り込み、同校は翌年、男女2人ずつのケニア人留学生を起用。史上初の男女アベック優勝を達成した。ライバル校から「平等ではない」との声が上がり、95年から男女とも留学生の出場は1人になった。

2000年代に入るとケニア人留学生を起用する学校が増加。08年からは、最長区間の1区で留学生の起用が禁止になった。くしくも今月18日、小林氏はケニアの首都ナイロビの自宅で死去したが、今年も男子7、女子5校のアフリカ人助っ人が都大路を走った。

 世羅は昨年のアベック優勝時も男女のケニア人留学生が貢献した。一方で、ここ5年で3度優勝の仙台育英の女子は、2年前と今年は留学生は使っていない。今回の洛南もそうだし、17年男子優勝の佐久長聖(長野)も日本人だけで勝った。

高校の元指導者が言う。

「高校駅伝は女子が5区、男子は7区ある。今は日本人のレベルも上がってきたので、ケニア人留学生が1人だけでは勝てない。仙台育英は男子4区(区間2位)に今夏の全国高校総体3000メートル障害優勝のボニフェス・ムテチを使っても3位だった。1校1人で最長1区を走れないため、留学生は優勝に欠かせないピースとはいえない。『留学生起用は不公平』と言っている監督は指導力が問われる」

そういえば実業団の監督も、「マラソンでアフリカ勢に勝つのは無理だ」と、はなから白旗を揚げているそうだが、情けない話だ。

本日の逸品
寒い日には
いってつ おでん!
KIMG0971
お出しを効かせてお待ちしております!